社内コミュニケーションをFacebookからChatWorkに切り替えた理由

9月 10th, 2013 | Posted by 阿部道浩 in ノマドワーキングスタイル

YOSCAはオフィスを持たず、スタッフ全員がノマドで仕事をしています。

そうなると、普通の会社にも増して重要になってくるのが情報共有です。オフィスで気軽に「よ!最近どう?」なんて面と向かって話しかけることができないので、業務の進捗から最近気になっていることまで全てをWeb上で共有しています。

YOSCAでは業務用の連絡手段として主にFacebookをメインに使ってきました。Facebookはプライベートのもの?いやいや、創業メンバーの我々からしたら、プライベートと仕事を区別する必要は無かったのです。笑

しかし、私たちは8月に一気に社内のコミュニケーションをChatWorkへ移行しました。ここに至った経緯を書いていきたいと思います。

Facebook

社内でのFacebookの活用方法

それでは具体的に、どのようにFacebookを使っていたのか?YOSCAでは、非公開のFacebookグループを複数用意し、そこに各々が投稿していました。

この”複数”というのがミソです。

はじめは一つのFacebookグループだけで進めていたのですが、社内で共有したい情報にはいろいろな種類があることがだんだんと分かってきました。案件の進行状況、事業推進に使えそうなニュース、皆でお酒を飲んだ時の写真などなど。

そこでFacebookグループを複数開設し、それぞれに役割を持たせました。我々の場合でいうと、

  1. ㈱YOSCA Facebook支社:仕事の進捗などを自由に報告。社内のMTGもここでイベントを作成して出欠管理をしていた。
  2. ㈱YOSCA ラウンジルーム:ちょっとしたニュースを共有したり、飲み会の写真などをアップ。その名の通り、くつろぐ場所。
  3. ㈱YOSCA 検文部:記事チェック部隊専用のグループ。記事を目視でチェックしながら、疑問な点などを共有する場所。
  4. ……その他、プロジェクトに応じて複数開設

のようにFacebookグループを使い分け、情報を共有していました。

 

Facebookが仕事の生産性を下げていた

創業以来、ずっとFacebookを活用してきて、機能としては申し分なく、非常に使いやすかったです。

・Facebookのメリット

  • だいたいいつも開いているのでレスが速い。
  • 誰かに宛てて書く時はタグ付けをすれば良い。
  • 話題ごとにスレッドを変えられるのでやり取りが混乱しない。
  • メッセンジャーもあるので、個別にメッセージを送信したい時もFacebookから離れなくて良い。
  • 法人向けサービスという概念が無いので、どれだけ使っても無料。

とはいえ、Facebookを使っていくうちに少なからず弊害も見えてきました。それが、Facebookはプライベートのものという点だったのです。

・Facebookのデメリット

  • Facebookグループに入ると、自ずと他のスタッフとFacebook上で友達になります。一緒に働いているわけなので、友だち申請を受けたら断りづらいですよね。
  • そうすると、仕事仲間には共有したくないけど、友達にだけ公開していたような情報まで全て筒抜けになってしまいます。出身校、経歴、交友関係、趣味、興味関心、日常生活……。それらを本人の意志に関係なく、半ば強制的に知られるようになってしまいます。
  • そもそも、ネット上で実名を公開することに抵抗を持つ人は数多くいます。そういった人たちがYOSCAで働こうと思った時に、「ウチではFacebookを使っているからアカウント作って。」と言われて、抵抗や違和感を抱く人もいるでしょう。
  • Facebookを開いている時にも、否応なく仕事関連のフィードが流れてきます。いつ他のスタッフからメッセージが送られてくるか分かりません。プライベートも業務も同じFacebookという場で管理しているので、完全なる公私混同になってしまいます。
  • 一方で業務中にプライベートの投稿が目に入って時間をロスしてしまうこともあります。

このように、Facebookを活用することで、仕事とプライベートの切り分けが困難となり、結果として時間対の仕事の生産性が落ちていることに気づきました。

このままではまずいと思い、遂にFacebookでの社内コミュニケーションを打ち切ることにしたのです。

 

代替手段はChatWorkだった

そこで代替手段として候補に挙がったのがChatWorkでした。

以前からWEB業界を中心にChatWorkを使用している社外の友人、知人は多く、アカウントだけは持っていたのですが二の足を踏んでいました。

しかし、Facebookの弊害をいち早く取り除くため、ChatWorkへの移行を進めました。

ここでは機能面などの話は割愛しますが、現状とても便利に活用しています。UIも分かりやすく、WEBリテラシーがあまり高くない社内のメンバーでもすんなりと移行できたように思います。

というわけで、社内のコミュニケーション向けにFacebookをメインに使うのはお勧めしません。

Facebookを見ている時間くらいは仕事のことを忘れられるようにしたいですね!


株式会社YOSCAの紹介

阿部道浩

株式会社YOSCAでは、お客様のWEBサイトのコンテンツ増強(記事ページ作成、コラムページ、ECサイトの商品紹介、SNS投稿用記事)や、SEOサービスを提供している企業様のコンテンツ作成支援を行っております。ライターを活用したいニーズがございましたら、いつでもお声がけくださいませ。
会社URL;http://yosca.jp/


ライター紹介

阿部道浩

著者プロフィール:阿部道浩
株式会社YOSCA取締役。1987年新潟県生まれ、2011年慶應義塾大学卒業。 大学在学中から、当時社員2名のモバイルサイト運営会社Berryにてインターンに参加。iPhoneアプリ開発からECサイト店長業務まで幅広くネットビジネスに関わる。大学卒業とともにBerryに正社員として入社、Webコンテンツの制作を担った。 2013年、宮嵜とともに株式会社YOSCAを立ち上げ、在宅で業務に当たる。趣味はランニングとオーディオ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA