会社の理念の成り立ち

経営理念

先日、YOSCAの経営理念が決まりました。

暫定的に理念としておいていたものはあったのですが、うまくまとめられず、もっと分かりやすい言葉にしたいなと思っていて、ようやく納得いくものが生まれました。

 

それは、『幸せになるきっかけをつくる』です。

ビジネスを通じてYOSCAに関わる全ての人々が幸せになる為のきっかけを作ることが会社の存在理由です。

 

どうして「幸せになるきっかけをつくる」という理念にしたのか。その理由は自分の過去の経験から来ています。

大学卒業後、新卒で企業に勤め、1年で退職してデザインスクールに勉強しにいき、その後会社の立ち上げに関わり、現在に至りますが、これらのステージを変える決断をくだす前には必ず人や物事との出会いがあって、選択肢を広げてくれました。

本当に自分は運がいいなと自負しています。

ここまで運に恵まれてこなかったら、今頃は何となく年を重ねるだけの人生だったと思います。

 

そして、自身でビジネスを作っていく立場になって気づいたことは、こうした機会に恵まれず、知らないうちに不都合な環境に追いやられている人が多いということ。そして、当人はそれに気づいていないということ。

いかに自分が恵まれていたかということを実感すると同時に、課題として強く認識するようになりました。

 

この問題に本格的に取り組むようになったのは、以前の会社でインターンシップの事業を始め、たくさんの学生と触れる機会が増えてからです。

就職を前にして初めて人生を考え出す学生は多く、社会が分からずに何となく仕事を選んでしまうのです。

大学生にインターンを提供し、社会との接点を作ってあげることで、彼らに複数の選択肢を用意し、自分で考えて選択してもらう。こうした経験を積む中で、変化していく学生も多くいました。

この経験を通じて、「きっかけ」を提供することの意義を強く感じることができ、また自分が解決していきたいことだと強く認識しました。

 

現在、YOSCAではWEBライティングサービスの提供を通じてフリーライター、在宅で働く方々と接する機会が多くありますが、世間のライターの仕事環境は悪く、またやむなく在宅でしか働けない方々も多くいます。

私たちは、少しでも彼らのスキルアップや、能力を活かす為に社会との接点を生み出し、幸せになるきっかけを提供できるようサービスを生み出し、ブラッシュアップし続けていきたいと思っています。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA