株式会社YOSCAコーポレートサイト

Author Archives: 宮嵜 幸志

宮嵜 幸志

About 宮嵜 幸志

株式会社YOSCA 代表取締役 http://yosca.jp/ 東京都生まれ。横浜国立大学を卒業後、株式会社NOVAに入社し大阪・奈良で勤務。翌年、会社の倒産直前に退社し、デザイン事務所にてインターン。2008年、WEBメディア事業を主とする株式会社Berryを設立。2012年、Berryの代表を退任し、新たに株式会社YOSCAを設立。趣味はバスケットボール、読書、海外旅行。

期末の慰労会を開催しました

7月 14th, 2016 | Posted by 宮嵜 幸志 in YOSCAスタッフ - (0 Comments)
YOSCA集合写真

4期も間もなく終わりを迎えるこのタイミングで、慰労会を開きました。 今回の慰労会では、愛知、京都、広島、長野など東京から離れたところに住む編集者も一挙に集合。総勢14名(+編集者のお子ちゃま2名) オフィスを持たないリモートワークを推奨している弊社ですが、直接顔を合わせることの価値、重要さを改めて感 …
Read more

『入門SEOに効くWebライティング サイトの価値を高める正しいコンテンツの作り方』の表紙

今月11月27日に、SBクリエイティブさんから、『入門SEOに効くWebライティング サイトの価値を高める正しいコンテンツの作り方』(税込1,998円)を上梓いたします。 amazonなどWeb上では27日、全国各書店には30日に並びます(早いところでは28日)。 出版にいたった経緯 2015年6月 …
Read more

YOSCA3期目振り返り

4期目を迎えてもう2ヵ月も経っているのですが、3期目の振り返りをメモしていただけで発信していなかったのでブログに簡単にまとめようと思います。   3期目に感じたWebライティング業界の変化 2014年はコンテンツマーケティング元年とも言われていたようで、実際問題コンテンツを必要としている企 …
Read more

九十九島の夕日

前回の記事「地域活性化に活かすコンテンツマーケティングとプロジェクトに参加した理由」でも書きましたが、長崎県佐世保市にある九十九島(くじゅうくしま)の活性化プロジェクト「九十九島大学」に参加しています。 当プロジェクトでは、株式会社POOLの代表兼クリエイティブディレクター小西利行さんを始め、著名な …
Read more

九十九島

株式会社宣伝会議が発刊する月刊誌「ブレーン」のプロジェクトとして立ち上がった、長崎県佐世保市の九十九島(くじゅうくしま)活性化プロジェクト「九十九島大学」。 そのプロジェクトが5月30日より始動し、私も参加しています。まだ、ほんの3日間の滞在でしたが、自然・食・歴史・文化的な資産が豊富で、また何より …
Read more

2015年1月29日、都内にて、フリーライターの学びと交流を目的としたイベント、『フリーライターのよりどころ Meet Up ♯01』を開催しました! (開催概要は、前回記事の「2015/1/29 『フリーライターのよりどころ Meet Up ♯01』(無料)を開催します!」からどうぞ) 会場に集ま …
Read more

ライティング専門会社スゴモン松田氏

ライターと言えば「ペンと紙」という時代から早30年。1980年代からワープロの普及が進み、現在はほとんどのライターがMicrosoft Wordを使って執筆しています。 そして、2014年。「名刺はファイリング、請求書はExcel」から、クラウド管理へと移行しつつあります。 ライターの労働環境はIT …
Read more

旅行会社のツアー名みたいなタイトルを付けてしまいましたが、先日取締役の阿部と役員合宿と称して箱根に行ってきました。 目的は「九頭龍神社」。 九頭龍大神 という、物事を現実化させる龍の神様を祀っている神社です。 関東のパワースポットとして有名らしいですが、私が知ったのは半年前くらいに参加したある有名人 …
Read more

クラウドソーシングサミット2014

当社も参加しているクラウドソーシング協会のキックオフイベント「クラウドソーシングサミット2014」に、本日参加してきました。 一般社団法人クラウドソーシング協会を設立して初のイベントということで注目度も高く、200人を越える参加者が会場を埋めました。 (参考:昨年のクラウドソーシング協議会のレポート …
Read more

株式会社YOSCAは、文響社さんのライター募集を応援します!

    73万部を突破した『人生はニャンとかなる!』をはじめ、 『人生はワンチャンス!』、『それでも僕は夢を見る』、『LOVE理論』など、この出版不況の時世で、たくさんのヒット作を生み出している文響社が、新たな作品を生み出すライターの募集を開始しました。 (すでに第一回目の募集は終わっています。) …
Read more