5,000名を越えるフリーライターを抱えるライタープロダクション。ご依頼に沿った記事ライティングからインタビュー取材、企画や編集ふくめ総合的なライティングサービスを提供しています。

音楽配信サービスにおける記事制作

ご相談内容

音楽のストリーミングサービスを提供するお客様からのご相談です。検索流入からのユーザー獲得を目指して、サービス内で配信されている楽曲をテーマに合わせてご紹介する記事の作成でした。
各記事の検索キーワードはお客様に決めて頂き、以下の部分はキーワードをもとに弊社で作成しております。記事全体のボリュームは3,500文字程度でした。

  1. 記事のタイトル(記事全体のテーマ)
  2. 記事の見出し
  3. 紹介する楽曲(15曲前後)

ご提案・納品

納品スケジュールの決定

毎月20本~40本をまとめてご依頼いただく形式でしたが、お客様が1週間ごとの納品をご希望されていたため、まずは納品スケジュールを調整しました。お客様との間で齟齬が生じないよう、納品する曜日と本数を事前に提案し、以下のような形でスケジュールを決定しています。

  • 4月第1週(月曜日)…15本納品予定
  • 4月第2週(月曜日)…12本納品予定

また、お客様より「月初に多くの記事を納品してほしい」とうかがっていたため、毎週同じ本数を納品するのではなく、可能な範囲で納品本数を調整しました。

レギュレーションの調整

本案件のお客様は、特に「記事内容のエビデンス(根拠、証拠)」を意識されておりました。そのため、信憑性の低いウェブサイトは参照せず、参照元を各アーティストの公式ページのみに限定。また、お客様が納品物をよりスムーズにご確認できるよう、参照ページは各楽曲でまとめてお伝えしました。

さらに、記事全体に統一感を持たせる目的で、感嘆符やトーンなどの細かい部分もこまめに調整いたしました。ご依頼当初はレギュレーションの少ない案件でしたが、納品後のフィードバックをもとに、新たなレギュレーションを適宜追加・提案することでスムーズな納品へとつなげました。

納品・修正

記事制作に関しては、音楽ジャンルにおける知識・実績などを考慮して適切なライターをアサイン。事前に調整したレギュレーションを共有し、編集者のチェックも挟んだ上で、毎週10~15本の記事を納品しました。
納品後にお客様から修正点をお伝えいただいた際には、2~3営業日ほどで内容を修正。レギュレーションをこまめに調整したことで校了までのスピードもアップし、半年間で100本以上の記事を納品しています。

費用

記事制作:1記事あたり25,000円

サービス事例・料金例

サービス事例・料金例

PAGETOP