コンテンツマーケティングのテンプレート&チェックリスト17選!(後編)

6月 16th, 2013 | Posted by 三宅秀晃 in コンテンツマーケティング

前編中編にひき続いてコンテンツマーケティングに使えるチェックリストをお送りします。

コンテンツチェックリスト

 

後編では最後の5つ、コンテンツを作った後のチェックリストです。

記事の公開とプロモーションに関するチェックリスト

13.公開前のチェックリスト

記事を公開する前に確認したい13項目です。

  1. 記事と目的があっているか
    あなたのコンテンツマーケティングがビジネスの目的達成のために行われているものであれば、それぞれの記事は「タンブラーでファッションの組み合わせをシェアしてもらう」などといった目的があるはずです。
  2. 記事と顧客があっているか
    設定した顧客ペルソナにあった記事になっているか確認しましょう。
  3. 検索キーワードに最適化したか
    1つか2つの検索キーワードに対して最適化した記事にしましょう。
  4. 内部/外部リソースへのリンクをつけたか
    内部リンク、外部リンクともに、関連する話題へのリンクを作りましょう。記事のキーワードとアンカーテキストを関連させると良いです。
  5. わかりやすい導入になっているか
    記事の導入部分を読んで、その記事を読むか読まないか判断されることになります。
  6. ブランディングに合っているか
    ブランディングを促進するような記事にしましょう。
  7. 他の記事と同じトーンで書いているか
    WEBといえども人と人の対話です。ライターが違ったとしても、一つのサイトとして同じトーンで話しかけるようにしましょう。
  8. 画像が付いているか
    画像があると人はインパクトを感じで印象に残りやすくなります。写真だと更に良いのですが、著作権には気をつけましょう。
  9. 読みやすいように整形したか
    顧客はパソコンから来るのかスマートフォンから来るのかわかりません。どんなデバイスからも読みやすいように書きましょう。
  10. スラングを使っていないか
    あなたのサイトのブランディングがアダルトだったり、2ch系の場合は別ですが、スラングは避けるようにしましょう。適切な言葉がわからない場合は適切な写真に置き換えるなども良いでしょう。
  11. 文法と誤字脱字の確認をしたか
    スペルチェッカーも万能ではありません。もう一度読みなおして誤字脱字がないか、文法的におかしなところはないか確認しましょう。
  12. 次の行動につなげたか
    もう何度も言っていますが、記事を読んだ後の行動(さらなる記事へのリンクや問い合わせ、電話等)に繋がるようにしましょう。
  13. 顧客のエンゲージメントを得られるか
    ソーシャルメディアへのシェアや、記事へのコメントをもらい、対話を深められると良いでしょう。記事を読んだ人だけではなく、そこからシェアされて他の人に届くのが目的です。

原文:Content publication checklist

14.記事を広げるためのチェックリスト

記事を投稿してもまだ終わりではありません。各記事をソーシャルメディアでどう広げるかのチェックリストを作りましょう。記事のタイトルや説明文の他に、各ソーシャルメディアいつ、どのアカウントから、どう投稿するのかというものを計画しておきましょう。日本では昼食時と18時から21時が閲覧が多くなるという調査もありますので参考にしましょう。

原文:Content distribution template

15.ブログのプロモーションチェックリスト

ブログ記事を書いた後にできることは色々あります。RSS連携、ソーシャルメディア連携、ソーシャルブックマーク。日本とは少々ネット文化が違う米国のものが多いという印象ですが、参考にできるものもあります。

原文:Blog post promotion checklist

16.ローカリゼーションのチェックリスト

あなたのコンテンツがグローバルマーケットに向けたものであれば、各地域へのローカリゼーションは欠かせません。以下の3点に気をつけて、各地域に最適なコンテンツを届けられるようにしましょう。

  • 運営側もグローバルで一緒に作業が出来る環境を整えましょう。
  • 各地域にマーケティングマネジャーを置きましょう。
  • 事前に予算化しておきましょう。

原文:Localization checklist

17.コンテンツマーケティングを成功させるチェックリスト

今まで紹介したチェックリストもコンテンツマーケティングを成功させるためのチェックリストですが、最後にこのチェックリストでもう一度振り返りましょう。

  • 継続性:コンテンツを継続して作成し、ブランディングしているか
  • 信頼性:正しい情報を提供できているか
  • スタイル:市場に合ったスタイル(トーン、情報の種類)を提供しているか
  • 効率性:効率的に情報を収集し、選び、コンテンツを作っているか
  • 影響力:マーケットの中での地位は直近数ヶ月で上がったかどうか
  • 目標:長期的な目標に近づくコンテンツになっているか
  • 挑戦:挑戦をしているか。他と同じコンテンツを作ってばかりではダメ。

原文:Content marketing success checklist

まとめ

いかがでしたでしょうか。17個ものチェックリストがあり、しかも一つ一つがかなり重い内容で全部やったら大変だなというのが感想ですが、これを全てきちんと行うことで競合と差別化ができるはずです。よく読むと内容が重複しているものもあり、複数の観点から重要だと言える項目も多々ありました。私もできていないものがまだまだありますが、一歩ずつ、更に良いコンテンツを作成できるように改善していこうと思います。


当ブログ運営者の紹介

三宅秀晃

株式会社YOSCAでは、お客様のWEBサイトのコンテンツ増強(記事ページ作成、コラムページ、ECサイトの商品紹介、SNS投稿用記事)や、SEOサービスを提供している企業様のコンテンツ作成支援を行っております。ライターを活用したいニーズがございましたら、いつでもお声がけくださいませ。
会社URL;http://yosca.jp/


ライター紹介

三宅秀晃

著者プロフィール:三宅秀晃
ベトナム・ホーチミン在住。ベトナムについての情報サイトを運営しながらインターネットマーケティングを日々勉強しています。YOSCA登録ライターとしてコンテンツマーケティングの海外最新手法を中心に紹介していきます。私の記事を読んで正しいコンテンツマーケティングを行う人が増えて健全なインターネット社会となることを願っています。 「ベトナム情報サイト:ベトナム生活・観光情報ナビ


One Response

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA