動画・映像制作

#取材ライティング

#新規メディア立ち上げ

#コンテンツマーケティング

企業ホームページ、採用サイト用の社員インタビュー動画や、お客様事例用のインタビュー動画・映像を制作いたします。

弊社のパートナー動画クリエイター陣による映像制作サービスです。インタビュー記事では表現しにくい、伝えづらい、また、他社と差別化した表現をしたいというお客様はぜひ動画によるコンテンツ発信をご検討ください。

動画制作・映像制作サービスの特徴

  • インタビュー記事(テキストコンテンツ)だけでなく、動画コンテンツを発信することにより視聴者の方への印象を強く残すことができます。
  • テキストだけでは表現しきれない内容が、動画特有の表現方法で情報を伝わりやすくできます。
  • 基本は記事作成サービスのオプションですが、動画制作のみのご相談も内容によって承ることが可能です。
  • 作りこんだ映像作品の制作ではなく、インタビューの内容を視聴者にわかりやすい形で動画として制作するサービスとなります。そのため、映像専門の制作会社よりも、工数を短く、コスパの良い動画コンテンツをご用意いたします。

サービスの概算料金

動画コンテンツ制作プラン
サービス内容・料金
  • インタビュー力を強みとする編集プロダクションならでは動画を制作いたします。
  • 基本は、カメラ/マイク1台(インタビューの様子は1方向のみの撮影)、照明機材1機、インタビュアー1名、カメラマン1名の小人数撮影チームによる、インタビュー動画に特化した納品物(約2〜5分程度の動画)をご用意するサービスとなります。
  • 撮影当日は、事前ヒアリング30分程度、撮影30分程度を想定しています。
  • 台本は用意いたしません。生のインタビューの様子を撮影するイメージです。
  • キャスティングは貴社にお任せすることで、その分のコストを抑えています。
  • インタビュー人数、カメラ台数、撮影場所などによって見積もりは変わってきます。
  • 納品形式は可能な限りご希望に合わせます。基本は、mp4形式ファイルをファイル転送サービスを使用してのご納品となります。
1動画あたり150,000円〜+交通費・諸経費(実費)
交通費・諸経費
  • 交通費・諸経費は別途実費のご請求です。
  • 交通費はインタビュアーとカメラマンの最低2名分がかかります。
  • 移動手段は出来る限り公共交通機関を利用しますが、駅から遠いなど自動車でなければ行くのが困難である場合は、タクシーを用いる場合があります。また地方の案件などで自家用車を用いる場合、かかったガソリン代を走行距離や燃費などから出来る限り正確に算出してご請求いたします。

発注フロー(7ステップ)

【1】お問い合わせ
お問い合わせ内容を弊社スタッフが確認後、メールにてご連絡差し上げます。
【2】お見積もり内容のご確認・発注
いただいた要件をもとに、弊社にて対応可能な案件か、また対応可能な場合はお見積もりを検討してご連絡いたします。お見積もりは主にご希望する動画の内容によって変わってまいります。
【3】キックオフ
インタビュー相手の決定、動画に入れたい内容の洗い出し、撮影場所の決定、今後の流れのすり合わせをしていきます。
【4】ロケハン
撮影場所によっては、事前に撮影場所を確認させていただく場合がございます。
【5】事前質問項目の作成
インタビューさせていただく方に対しての事前質問項目を用意いたします。
【6】インタビュー/撮影
撮影当日は、インタビュー相手と30分ほど雑談形式のヒアリングをしてから、撮影用に改めてインタビューをいたします。
【7】 納品物のご確認
動画の編集に関する修正がございましたら、一回のみ修正対応しております。
【8】料金のお支払い
基本的には「納品した月末締めの翌月末払い」となりますが、その他の支払サイトをご希望の場合はご相談ください。なお振込手数料はお客様にご負担いただいております。
御請求書は月末にお送りいたします。基本的にはPDF版をメール等に添付してお送りしておりますが、ご希望のお客様には原本を郵送しております。

MOVIE CREATOR

パートナークリエイター

MASAHISA MATSUNUMA

普段、日々の暮らしにある美しい瞬間をテーマに写真撮影、映像制作を行っている。
Instagramアカウント「TOKYO.IG」にて東京や日本の風景を発信。(2021年1月1日時点、フォロワー:12万人、7%以上のエンゲージメント率を維持)

【(参考)動画制作】
制作動画チャンネル

masahisa matsunuma