BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. SEOライティング
  4. 共起語でSEOを強化!検索上位を目指す戦略と無料ツール4選
共起語でSEOを強化!検索上位を目指す戦略と無料ツール4選

共起語でSEOを強化!検索上位を目指す戦略と無料ツール4選

最終更新日:2024年3月1日)

共起語の活用は、重要なSEO戦略のひとつです。Googleなどの検索エンジンは、共起語などの重要ワードをもとにコンテンツの主題や関連性を理解しています。

仮に適切な共起語を使わずにコンテンツを作成すると、ターゲットに訴求しづらい内容となり、検索ランキングで不利になりかねません。また、テーマの拡げ方を考えたり、不要な情報を省いたりする際にも共起語は役立ちます。

本記事では共起語の基礎知識をはじめ、調査や分析の方法、効果的な組み込み方までを解説しています。SEOの効果を最大化するテクニックを学び、正しい方向性でのコンテンツ制作を目指しましょう。

◉本記事の著者
片山雄平
1988年生まれのフリーライター兼編集者。2012年からフリーライターとして活動し、2015年には編集者として株式会社YOSCAに参画。金融やビジネス、資産運用系のジャンルを中心に、5,000本以上の執筆・編集経験を持つ。他にも中小企業への取材や他ライターのディレクション等、様々な形でコンテンツ制作に携わっている。
株式会社YOSCAへSEOコンテンツの制作についてお問い合わせ

 共起語とは?SEO対策に欠かせない理由

共起語とは、あるキーワードと一緒に使われやすい単語や、関連性の深いワードです。たとえば「SEO」というキーワードに対しては、「検索エンジン」や「対策」、「戦略」などが共起語と考えられます。

共起語はSEO戦略において重要な役割を担っており、検索エンジンはウェブサイトのテキストデータなどから、「特定のキーワードに関連している」と認識します。そのため、ウェブ上の記事に共起語を盛り込むと、検索ランキングを向上できる可能性があります。

また、コンテンツ製作ではユーザーの検索意図に合った情報を提供するために、共起語を用いるケースも見られます。共起語からユーザーが求める情報を的確に捉えることができれば、信頼性や権威性の高いコンテンツを製作しやすくなります。

 共起語の具体例

共起語の理解を深めるために、実際の例を見てみましょう。

<共起語の具体例>
・”健康食品”を検索キーワードとする場合
「栄養素」「効能」「オーガニック」などが共起語と考えられます。これらの情報は健康食品の特徴やメリットを示しており、ユーザーの関心に応えます。

・”旅行”を検索キーワードとする場合
「観光地」「格安プラン」「おすすめスポット」などが共起語と考えられます。これらの共起語からテーマを拡げることで、旅行計画や目的地選びの有益な情報を提供できます。

・”ガーデニング”を検索キーワードとする場合
「植物の育て方」「庭のデザイン」「ガーデン用品」などが共起語と考えられます。これらの情報は、ガーデニングの愛好家などが求める具体的なアドバイスや製品情報にあたります。

もう一つの例として、「SEO」のキーワードで検索するケースを紹介します。

このとき、多くのユーザーはSEOの最適化を目的としており、具体的な対策や分析方法、ツールなどを求めています。そのため、「対策」「分析」「ツール」などの共起語からコンテンツを展開すると、SEOの概念を補完し、検索ユーザーが求める詳細な情報につながります。

結果として、検索エンジンはこのコンテンツを「ユーザーの検索意図に合致している」と判断し、ウェブサイトの利用体験を向上させます。

 サジェストワードや関連キーワードとの違い

「共起語・サジェストワード・関連キーワード」は、SEOにおいて異なる機能を持っています。

サジェストワードとは、検索エンジンがユーザーの入力中に提案するキーワードです。検索予測に基づいており、たとえば検索窓に”SEO”と入力をすると、「SEO対策とは」「SEO対とは わかりやすく」などのサジェストワードが表示されます。

参考記事

関連キーワードは、検索結果ページで表示される関連性のあるキーワードです。”SEO”で検索をかけた場合は、「SEO 対策とは」「SEO 対策 自分で」などの関連キーワードが表示されます。

一方で、共起語は特定のキーワードに自然に関連するキーワードです。一般的にはコンテンツ内で使うものであり、検索ユーザーに提供される情報ではありません。ただし、いずれのキーワードについても、検索エンジンがコンテンツの関連性を評価する際に重要な役割を果たしている点は共通しています。

共起語をSEOに取り入れる効果

共起語をSEOに取り入れると、ユーザーの検索意図に合った価値あるコンテンツを提供しやすくなります。その結果、ウェブサイトの信頼性や権威性が高まるため、検索ランキングを向上させる効果が期待できます。

以下では、共起語をSEOに取り入れる具体的な効果と、関連する戦略について解説します。

検索エンジンの評価が高まる

共起語を使ったSEO戦略は、検索ランキングに上位表示される可能性を高めます。

検索エンジンは共起語を評価することで、コンテンツの主題とその関連性を正確に理解しようとしています。そのため、コンテンツに多くの共起語が含まれていると、特定の検索クエリ(※検索エンジンを使うときに入力するワードや文章のこと)に関する豊富な情報を提供していると見なされ、「ユーザーの検索意図に合致している」と判断される可能性があります。

Googleなどの検索エンジンは、ユーザーにとって深い関連性があり、かつ高価値な情報の提供に力を入れています。そのため、検索ワードと関連する共起語を使った戦略は、SEOの観点から有効と考えられます。

ユーザーファーストのコンテンツになりやすい

ユーザー中心のコンテンツを製作しやすくなる点も、共起語を意識する効果です。

たとえば、健康的な食生活について情報収集をする場合、ユーザーは健康面に役立つ食材やサプリメントなどの情報を求めています。このようなユーザーに対して「栄養バランス」「食材の選び方」「レシピ」などの共起語からコンテンツを展開すると、読者が知りたい具体的な情報を提供しやすくなり、結果としてコンテンツの価値が高まります。

つまり、共起語を活用するとユーザーが求める情報や関心事を正確に捉え、それに応えるコンテンツを作成しやすくなります。読者の検索意図に深く寄り添えるため、ユーザーの満足度とエンゲージメントは向上すると考えられます。

共起語の調べ方と活用方法

共起語を効果的に活用するには、専用のツールを使って関連共起語を収集し、データを深く分析することが重要です。具体的には、共起語の出現頻度や対象キーワードとの関連性を評価し、どの共起語が特に重要であるかを判断します。

次に、収集した共起語をもとにリストを作成し、このリストをもとにコンテンツの製作計画を考えます。共起語リストを単にコンテンツに盛り込むだけでなく、各キーワードがユーザーにとってどのような価値を持つかを見定めて、あくまで「有益な情報を提供すること」を目指しましょう。

<共起語を活用する流れ>

  • 専用のツールで関連する共起語を収集する
  • 検索上位サイトにおける共起語の出現頻度を調べる
  • 対象キーワードとの関連性から、重要な共起語を選定する
  • 収集や分析したデータから共起語リストを作成する
  • 検索ユーザーの観点から、各キーワードの価値を見定める
  • 共起語を意識したコンテンツの製作計画を立てる

上記の流れを意識して、ユーザーの検索意図に合致するSEOに強いコンテンツを目指してください。

共起語を調査・分析できる無料ツール4選

SEOに特化したツールを使うと、キーワード戦略の策定に必要な情報を調査・分析できます。その中でも、以下では共起語の分析に特化した無料ツールを紹介します。

1.共起語検索

(引用:Neo Inspiration「共起語検索」)

項目詳細
サービス名共起語検索
提供者Neo Inspire(個人サイト)
特徴・ 数秒で特定キーワードの共起語を収集できる
 ・シンプルで使いやすく、直感的な操作が可能 
・Googleの検索ワードTOP30サイトから共起語を抽出
無料プランの機能全機能が無料(アカウント登録不要、利用回数制限なし)
有料プランの機能有料プランなし
料金有料プランなし
公式サイト共起語検索ツール

(※2024年2月1日時点)

共起語検索ツールは、任意のキーワードと共に使用されやすい単語を特定できるツールです。キーワードの深いニュアンスやユーザーのニーズを把握できるため、共起語を活用したタイトルや見出しの考案に役立ちます。

本ツールは無料で提供されており、会員登録なしで無制限に共起語を取得できます。シンプルな機能でありながら、数秒で共起語を高速かつ正確に抽出してくれるため、コンテンツ製作のスピードアップも図れるでしょう。

そのほか、Google検索結果の上位20サイトからのデータをもとに週2回アップデートする機能や、取得した共起語のコピー機能、CSVでダウンロードできる機能も備わっています。

2.ラッコキーワード

(引用:ラッコ株式会社「ラッコキーワード|無料のキーワード分析ツール(サジェスト・共起語・月間検索数など)」)

項目詳細
サービス名ラッコキーワード
提供者ラッコ株式会社
特徴・検索上位20サイトの共起語を抽出・ページ全体での共起回数(共起語使用回数)を表示・見出しに使用されている共起語もカウント
無料プランの機能・サジェストワードの抽出・検索上位サイトの見出し抽出・話題のニュースやトレンドの発掘 など
有料プランの機能・サジェストプラス(複数検索エンジンのサジェストキーワードを一括取得)
・ 月間検索数取得(Google検索の月間検索数をリアルタイムで取得)
・ AIによる提案 など
有料プランの料金月額440円から
公式サイトラッコキーワード

(※2024年2月1日時点)

ラッコキーワードは、キーワード分析に特化した無料ツールです。

共起語分析では、検索キーワードに関連する共起語や関連語をグラフで視覚化できます。ページ全体や見出しに使用されている共起語の使用回数も抽出するなど、無料プランでもさまざまな機能を有しています。

有料プランでは、サジェストプラスや月間検索数取得、AIによる提案、競合調査、マーケット調査、深堀調査などの高度な機能が利用できます。ユーザーのニーズに合わせてキーワード分析ができるため、具体的なイメージをもって計画を立てられるでしょう。

2024年2月現在では5つの有料プランが用意されており、スタンダード以上のプランでは同時接続にも対応しています。

3.サクラサクラボSEOツール(共起語調査ツール)

(引用:サクラサクマーケティング株式会社「無料共起語ツールのご紹介とSEO対策での活用方法 – SEO研究所サクラサクラボ」)

項目詳細
サービス名サクラサクラボSEOツール(共起語調査ツール)
提供者サクラサクマーケティング株式会社
特徴・一度に複数のキーワードを調査可能・検索上位サイトの共起語出現回数も表示される・CSVデータで共起語リストをダウンロードできる
無料プランの機能・検索エンジン変動調査
・関連語調査
・上位サイト分析 など
有料プランの機能共起語調査ツールは全無料
有料プランの料金ツール類は基本的に無料
公式サイトサクラサクラボSEOツール(共起語調査ツール)

(※2024年2月1日時点)

サクラサクラボSEOツールは、共起語や関連語、検索エンジン変動調査などを調査できる無料ツールです。複数のツールに分かれており、「共起語調査ツール」では特定のキーワードに関連する共起語と、出現回数のデータを収集できます。

過去に調査したキーワードは管理画面に保存されるため、複数の共起語を調査する際にも便利です。また、抽出した共起語はCSVデータとして、パソコンなどのデバイスにダウンロードできます。

無料で利用できる機能が多いため、本ツールはさまざまなコンテンツ製作に役立ちます。

4.SERPsアナライザー

(引用:ブログブートキャンプ「SERPsアナライザー | 検索結果分析ツール(共起語・見出し抽出)」)

項目詳細
サービス名SERPsアナライザー
提供者ブログブートキャンプ
特徴・検索上位10サイトの共起語を抽出
・視覚的に理解できる画像を用いた出力結果
・海外サイトも含めた共起語分析
無料プランの機能・検索上位サイトの見出し抽出
・検索上位10サイトの文字数をデータ化
有料プランの機能有料プランなし
有料プランの料金有料プランなし
公式サイトSERPsアナライザー

(※2024年2月1日時点)

SERPsアナライザーは、キーワードに関連する共起語や関連語を円グラフで視覚化してくれる無料ツールです。グラフの違いで割合や頻度が示されるため、視覚的に重要なキーワードを把握できます。

会員登録は不要であり、検索上位サイトの見出しや平均文字数なども同時に出力されます。複雑な機能はなく、誰でも直感的に操作できる仕組みなので、SEOツールに慣れていない人でも十分に扱えるでしょう。

使用回数の制限もないため、費用をかけずにSEO分析をしたいシーンに向いています。

株式会社YOSCAへSEOコンテンツの制作についてお問い合わせ

共起語を効果的に組み込むテクニック

共起語をコンテンツに組み込むと、検索エンジンの評価を高めると共に、ユーザーに価値のある情報を提供できます。ただし、このSEO戦略では共起語を自然に使い、理解のしやすさを保つことが重要です。

ここからは、共起語を使った具体的なテクニックを紹介していきます。

共起語を見出しや本文に適切に配置する

共起語は本文に加えて、見出しにも適切に配置することが重要です。見出しに共起語を用いると、ユーザーに対してコンテンツの概要や目的を明確に伝えやすくなります。

また、本文内に共起語を配置すると、コンテンツの詳細や関連性をユーザーに伝えられます。どのような使い方が望ましいのか、以下で例を見てみましょう。

<共起語を見出しや本文に配置する例>
・”健康食品”と検索した場合
「栄養素」や「スーパーフード」、「免疫力向上」を共起語と考えます。この場合、見出しでは「スーパーフードで免疫力を高める方法」、本文では「栄養素が豊富な健康食品の選び方を押さえましょう」や「免疫力をサポートするスーパーフードを紹介します」のように共起語を配置できます。

・”旅行”と検索した場合
「旅行準備」「おすすめ観光地」「パッキングリスト」を共起語とします。この場合は、見出しに「旅行準備の完全ガイド」や「世界のおすすめ観光地トップ10」、本文に「旅行に必須のパッキングリストを押さえましょう」などを含めると、コンテンツの目的を伝えやすくなります。

・”ガーデニング”と検索した場合
「植物の育て方」「ガーデンデザイン」「害虫対策」を共起語とします。見出しでは「初心者向け植物の育て方」や「自宅でできるガーデンデザインのコツ」、本文では「○○が害虫対策になります」のように展開する方法が考えられます。

このような施策により、検索キーワードに関心があるユーザーに対して、具体的で価値ある情報を提供しやすくなります。

共起語を自然に使う

共起語を自然に使うと、コンテンツの読みやすさや信頼性をアップさせる効果があります。特に本文中で使う場合は、適切な頻度で組み込むことと、文脈に合っているかを意識しましょう。

たとえば、健康食品に関するコンテンツでは「栄養価の高さ」や「健康効果」などのワードを話題に応じてとり入れ、読者が自然と理解できるように配慮することが重要です。

<共起語の良い例>
・モロヘイヤは栄養価の高さが魅力的な野菜です
・玄米は栄養素が多く、白米に比べると健康効果を期待できます
→「栄養価の高さ」や「健康効果」というワードを自然に使えている。

<共起語の悪い例>
・モロヘイヤの栄養価の高さは、一般的な野菜に比べて高いです
・玄米の健康効果は栄養価の高さです
→共起語を強引に使っており、意味が伝わりにくい文章になっている

コンテンツ製作ではユーザーファーストを優先して、読み手に伝わりやすいものを目指しましょう。

検索上位サイトと頻出ワードを比較する

既存コンテンツのSEO戦略では、検索上位サイトと比較しながらリライトすることが重要です。検索上位サイトの頻出ワードを分析すると、どの共起語が検索エンジンに好まれるか、また読者が何に関心を持っているかを理解できます。

検索上位サイトの頻出ワードについては、前述の無料ツールを使うと収集できます。重点的に対策したい共起語がある場合は、共起語出現回数などのデータも確認しながら計画を立てましょう。

抜け漏れしている共起語からテーマを拡げる

検索順位が下がってしまった既存コンテンツは、ユーザーが求める情報を追加する形でリライトをすることが重要です。その際には、抜け漏れしている共起語からテーマを拡げてみましょう。

例えば、健康食品に関する既存コンテンツにおいて、「腸内環境の改善」という共起語が抜け漏れているとします。この場合は、「腸内環境が悪化すると何が起こるのか」「改善に効果がある食品」「日々の運動で改善するテクニック」のようにテーマを拡げられる可能性があります。

このような施策に取り組むと、記事の主題やテーマが深く掘り下げられるため、ユーザー視点でのコンテンツの価値が高まります。

共起語SEOの失敗を防ぐ注意点

共起語SEOでの失敗を防ぐには、共起語の過剰な使用を避け、コンテンツの自然さを保つことが重要です。共起語を不自然に多用すると、コンテンツの読みやすさや信頼性が損なわれ、検索エンジンによってはスパムとみなされるリスクがあります。

ここでいうスパムとは、検索エンジンが「不適切または価値のない情報」と判断したコンテンツを指します。共起語を過剰に使用したり、関連性のないキーワードを不自然に詰め込んだりする施策は、スパム行為とみなされるリスクがあります。

<共起語を多用する本文例>
・”健康食品”に関するコンテンツ
この健康食品はビタミン豊富、ミネラル豊富、アンチエイジング効果があり、免疫力向上にもビタミンが効果的です。
→一つの文で「ビタミン」「豊富」「効果」が重複している。

・”旅行”に関するコンテンツ
旅行プランで格安航空券、お得なホテル予約、人気観光スポット案内を格安航空券でお得にホテル予約し、人気観光スポットを楽しむことができます。
→「格安航空券」「お得」「人気観光スポット」が重複している。

・”ガーデニング”に関するコンテンツ
ガーデニング初心者向けに育てやすい植物選び、土の準備、水やりのコツを植物の成長に合わせた土作りと水やりで美しい庭を作ります。
→「水やり」や「植物」が重複しており、文章全体の意味も伝わりにくい。

不自然に共起語を盛り込むと、ウェブサイトの検索順位が低下したり、検索結果から除外されたりする可能性があります。適切な量と配置を意識しながら、常にユーザーファーストの姿勢でコンテンツを作成しましょう。

正しい方向性で共起語のSEO対策を

共起語をコンテンツに盛り込む場合は、重要性の高いワードを選定し、自然に活用することが重要です。正しい方向性でSEO対策ができると、ユーザーファーストのコンテンツを製作しやすくなり、検索順位をアップさせる効果が見込めます。

共起語の調査・分析のプロセスでは、本記事で紹介した無料ツールを活用できます。それぞれ特徴が異なるため、比較しながら施策に合ったものを選んでみてください。

実際に施策を進める上で不明点などがございましたら、ぜひ弊社にご相談くださいませ。

株式会社YOSCAへSEOコンテンツの制作についてお問い合わせ
The following two tabs change content below.
片山 雄平
1988年生まれのフリーライター兼編集者。2012年からフリーライターとして活動し、2015年には編集者として株式会社YOSCAに参画。金融やビジネス、資産運用系のジャンルを中心に、5,000本以上の執筆・編集経験を持つ。他にも中小企業への取材や他ライターのディレクション等、様々な形でコンテンツ制作に携わっている。