BLOG

  1. 記事作成代行のYOSCA
  2. ブログ
  3. SEOライティング
  4. Googleサジェストを完全解説 − SEO対策での活用方法も紹介
Googleサジェストを完全解説 − SEO対策での活用方法も紹介

Googleサジェストを完全解説 − SEO対策での活用方法も紹介

最終更新日:2024年6月17日)

サジェストとは、検索エンジンでキーワードを入力する際に、関連するキーワード候補を予測して表示する機能のこと

この記事では、「サジェスト」についてただ理解するだけでなく、SEOやコンテンツ制作にどのように活かすかを主眼に置いて執筆しています。Web集客の責任を担う担当者の方に向けて執筆しました。できるだけ「今すぐ動けるよう」具体的に書いたものです。

本記事は大きく分けて、以下の通り全5章プラスアルファという構成です。

こちらの記事は、10年以上にわたり記事作成を専門に請け負う株式会社YOSCA取締役・阿部が執筆しました。

◉本記事の著者
阿部道浩
株式会社YOSCA取締役。500名以上のライター志望者・企業のWeb担当者が受講している「あなたのライターキャリア講座」の開発・運営のほか、記事を作成・更新する全てのウェブ担当者・ライターに向けて「YOSCAブログ」での情報発信を行っている。 ▶Xはこちら

基本から応用まで網羅したため、28,000文字を超える長文の記事になりました。全てくまなく読む必要はないので、目次から興味のあるところだけ拾って読んでいただければと思います。

※当記事で紹介しているツールなどの情報は2024/06/17時点のものです。最新の情報は公式ページをご確認ください。

SEOライティングに課題を感じていませんか?
SEOライティングは、正しく実施すればビジネスの成長に大きく貢献することができます。
YOSCAでは、10年以上の実績と経験を活かし、AI検索も見越したSEOライティングを真摯にご提案します。

>>SEOライティングのサービスページを見てみる

〈1〉サジェストとは?その基本を理解する

サジェストの基本的な定義

「サジェスト(suggest)」はもともと「提案する」という意味。その名の通り、検索ユーザーに対して「これを検索したいの?これを知りたいの?」と提案する機能といえます。入力する手間を省くだけでなく、より具体的なワードで検索するよう促すことで、ユーザーの検索意図をより正確に把握するために利用されます。

参考記事

例えば、私が今Googleで「ラーメン」と入力すると、以下のサジェストが表示されます。市原市にいることがバレバレですね(^_^;)

Googleで「ラーメン」と入力したサジェストの結果

これらのサジェストは、ユーザーが「ラーメン」について検索する際に、どのような情報を探しているのかを示しています。ユーザーとしても、自分の知りたい情報を容易に絞り込むことができるため便利ですよね。

なぜサジェストは重要なのか?

このように、もともとユーザーの検索をより容易にするために生まれたであろうサジェストですが、ウェブサイトを運営する側としては、サジェストはユーザーの検索意図を把握する上で重要な情報源です。

検索意図とは、ユーザーが検索する際に持っている目的やニーズのことで、検索キーワードだけでは表現しきれない場合があります。例えば、「スキンケア」と検索したユーザーは、

  • スキンケアの方法や商品を知りたいのか?
  • 自分の肌タイプに合ったスキンケアを探しているのか?
  • スキンケアのトレンドや口コミを調べたいのか?

など、様々な検索意図を持っている可能性があります。

サジェストは、検索キーワードに関連する他のキーワードを提示することで、ユーザーの検索意図を推測する手がかりになります。サジェストに表示されるキーワードは、検索エンジンが過去に蓄積したデータやトレンドなどをもとに算出されるため、ユーザーの関心や需要を反映しているといえます。

サジェストの活用で達成できる3つのこと

具体的な方法は〈4〉で詳しくご紹介するとして、できることを簡単にご紹介しましょう。

  • ユーザーの検索意図を把握する
  • キーワード選定を行う
  • コンテンツ作成を行う

1)ユーザーの検索意図を把握する

サジェストは、ユーザーの検索意図を把握する上で重要な情報源です。サジェストに表示されるキーワードは、ユーザーがどのような情報を探しているのかを反映しています。

例えば、サジェストに「ラーメン ランキング」と表示されている場合、ユーザーは「ラーメンの人気ランキングを知りたい」と考えるのが自然でしょう。ユーザーの検索意図を把握し、それに応じたコンテンツを作成することで、ユーザーのニーズを満たし、Webサイトへのアクセスを増やすことができます。

2)キーワード選定を行う

サジェストは、キーワード選定を行う際にも役立ちます。サジェストに表示されるキーワードは、検索ボリュームや競合状況などの情報も含んでいるため、それらを参考にすることで、効果的なキーワードを選定することができます。

例えば、サジェストに「ラーメン 作り方」と表示されているとしましょう。この後ご紹介するツールなどを用いて調査した結果、このキーワードは検索ボリュームも多く、競合も少なかったとすると、効果的にSEO対策を行うことができる可能性があります。

もちろん、自社のサービスやターゲットが「ラーメン 作り方」に関連していることが前提ですし、そもそも「検索ボリュームが多くて競合が少ない」ような都合の良いキーワードはそうそう見つからないわけですが……。

参考記事

3)コンテンツ作成を行う

サジェストは、コンテンツ作成を行う際にも活用できます。サジェストに表示されるキーワードを参考にすることで、ユーザーのニーズを満たすコンテンツを作成することができます。

例えば、サジェストに「ラーメン おすすめ」と表示されている場合、このキーワードを参考に「ラーメンのおすすめ店」や「ラーメンのおすすめメニュー」などのコンテンツを作成することができます。

参考記事

SEOライティングに課題を感じていませんか?
SEOライティングは、正しく実施すればビジネスの成長に大きく貢献することができます。
YOSCAでは、10年以上の実績と経験を活かし、AI検索も見越したSEOライティングを真摯にご提案します。

>>SEOライティングのサービスページを見てみる

〈2〉サジェストと関連キーワード/共起語の違い

ここまで述べてきた通り、サジェストは検索意図を把握し、情報を探し求めるユーザーに必要十分なコンテンツを提供するために活用することができます。

同様の使い道ができるもの、また似ているワードとして「関連キーワード」と「共起語」というものもあります。これらとサジェストはどのように違うのか、それぞれどのように検索意図の把握に活かせるのかを順に見ていきましょう。

関連キーワードとサジェスト

関連キーワードとは

関連性の高いキーワードのことで、Googleでは検索結果の下部に「関連性の高い検索」として表示されるものです。

試しに「サジェスト」でGoogle検索すると、以下のワードが「関連性の高い検索」として表示されました。それぞれクリックすることで検索することが可能です。

「サジェスト」でGoogle検索したときの関連性の高い検索(関連キーワード)

サジェストと関連キーワードの違い

サジェストと関連キーワードの違いは、以下のようにまとめることができます。

項目サジェスト関連キーワード
表示の根拠ユーザーの検索履歴や、現在の検索状況、地域など検索ボリュームや競合状況など
表示されるキーワードの種類幅広い関連性の高いもの
表示されるキーワードの量多い(最大10個)やや少ない(最大8個)

サジェストと関連するキーワードは、どちらもユーザーの検索意図を反映しているという共通点があります。しかし、その反映の仕方や表示のタイミングには大きな違いがあります。サジェストと関連キーワードの違いは、主に以下の3点です。

反映の仕方が異なる 

サジェストは、検索ボックスに入力されたキーワードに対して、検索エンジンが予測するキーワードを表示します。この予測は、検索エンジンが蓄積した大量の検索データをもとに、機械学習や人工知能の技術で行われます。サジェストは、ユーザーが検索しようとしているキーワードを先読みすることで、ユーザーの検索体験を向上させることを目的としています。

関連キーワードは、検索されたキーワードに対して、検索エンジンが関連性の高いキーワードを表示します。この関連性は、検索エンジンがインデックスしたWebページの内容や、ユーザーの検索履歴などをもとに、検索エンジンのアルゴリズムで判断されます。関連キーワードは、ユーザーが検索したキーワードに対する補足や拡張として、ユーザーの情報収集を助けることを目的としています。

表示のタイミングが異なる 

サジェストは、検索ボックスにキーワードを入力するとすぐに表示されます。つまり、ユーザーが検索ボタンを押す前に、サジェストが表示されることになります。サジェストは、ユーザーの検索意図を捉える前段階のキーワードと言えます。

関連キーワードは、検索ボタンを押して検索結果ページに遷移した後に表示されます。つまり、ユーザーが検索ボタンを押した後に、関連キーワードが表示されることになります。関連キーワードは、ユーザーの検索意図を補完する後段階のキーワードと言えます。

表示の形式が異なる 

サジェストは、検索ボックスの下にドロップダウンメニューの形で表示されます。サジェストは、検索ボックスに入力されたキーワードを含むキーワードが優先的に表示されます。サジェストは、最大10個まで表示されます。

関連キーワードは、検索結果ページの下部にリストの形で表示されます。関連キーワードは、検索されたキーワードと同じキーワードを含まない場合もあります。関連キーワードは、最大8個まで表示されます。


以上のような違いはあるものの、サジェストと関連キーワードは、どちらもユーザーの検索意図を反映しているといえます。関連キーワードをコンテンツのテーマに含めることで、ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを作成しやすくなります。

例えば、「料理 簡単」というキーワードでコンテンツを作成する場合、関連キーワードとして「レシピ」「作り方」「材料」「コツ」などが挙げられます。これらの関連キーワードをコンテンツのテーマやタイトル、見出しに含めることで、ユーザーが「簡単な料理のレシピを知りたい」という検索意図を満たすコンテンツを作成することができます。

共起語とサジェスト

共起語とは

共起語とは、特定のキーワードと一緒に出現する頻度の高い言葉のことです。文章や文書の中で、特定のキーワードと共起する(つまり、一緒によく出てくる・発生する)言葉は、そのキーワードと意味的に関連している可能性が高いと考えられます。

例えば、「野球とは何か?」について説明しようとすれば、きっと「バット」「ボール」「ピッチャー」「キャッチャー」「ベース」などの言葉を用いるでしょう。逆にこうした言葉が使われていれば、恐らくこの文章は「野球とは何か?」について説明していると推測できます。ここでいう「バット」「ボール」「ピッチャー」「キャッチャー」「ベース」などが共起語です。

一方で、もし「セ・リーグ」「パ・リーグ」「ドラフト」「巨人」「メジャー」などという言葉が使われていれば、恐らくこの文章は単に野球のルールを説明しているのではなく、プロ野球について説明しようとしていると推測できるでしょう。

共起語の活用方法

共起語は、コンテンツ分析やSEO対策などに活用されます。例えば、記事内に特定のキーワードと共起語を適切に盛り込むことで、検索エンジンからの評価を高め、検索結果の上位に表示されやすくなります。先の野球の例で言えば、「単に野球のルールを説明しているんじゃなくて、プロ野球について解説しているんだよ」という意思表示になるわけです。

したがって、共起語を無理に全て盛り込もうとする必要はなく、「自分が書きたい記事の方向性であれば、こうした言葉も自ずと入ってくるな」という言葉を思い出すために使える、ともいえるでしょう。

共起語の具体例

キーワードサジェスト共起語関連性の強さ補足
旅行航空券 ホテル 観光地旅行プラン 旅程 旅行費用直接的サジェストは旅行に関する具体的な行動を示すキーワードが多い
カメラおすすめ カメラ選び 初心者レンズ メーカー 機能間接的共起語はカメラの種類や選ぶ際のポイントを示すキーワードが多い
ダイエット方法 食事 運動レシピ 筋トレ 体重管理間接的共起語はダイエットを実現するための具体的な方法を示すキーワードが多い
恋愛テクニック 出会い 結婚コミュニケーション 心理学 パートナー間接的共起語は恋愛を成功させるための要素や知識を示すキーワードが多い
仕事転職 スキルアップ 副業キャリア アップ 独立間接的共起語は仕事における目標や成長に関するキーワードが多い

サジェストと共起語の使い分け

サジェストと共起語はそれぞれ異なる特徴を持つため、目的に合わせて使い分けることが重要です。

  • サジェスト:ユーザーの検索意図を直接的に把握したい場合に有効
  • 共起語:ユーザーの検索意図を詳しく理解したい場合に有効

例えば、以下のような例が考えられます。

  • 旅行サイトを運営している場合、サジェストを活用してユーザーがどのような旅行に関心を持っているのかを把握し、それに応じたコンテンツを作成することができます。
  • カメラ販売店を運営している場合、共起語を活用してユーザーがどのようなカメラを探しているのかを把握し、それに応じた商品をオススメすることができます。
参考記事

SEOライティングに課題を感じていませんか?
SEOライティングは、正しく実施すればビジネスの成長に大きく貢献することができます。
YOSCAでは、10年以上の実績と経験を活かし、AI検索も見越したSEOライティングを真摯にご提案します。

>>SEOライティングのサービスページを見てみる

〈3〉サジェストの表示に影響する3つの要素

次に、サジェストの表示に影響すると考えられている3つの要素、

  1. 位置情報と検索履歴の影響
  2. 月間検索ボリュームの影響
  3. トレンド性の高いキーワードの影響

について順に見ていきます。サジェストは、いつ誰でも同じ結果が表示されるわけではないことを理解しておきましょう。

1)位置情報と検索履歴の影響

サジェストの表示に影響する要素の中で、最も基本的なものが位置情報と検索履歴です。これらはユーザーの検索環境や検索行動によって変化するため、サジェストの候補もその都度変わってきます。

ユーザーの位置情報

ユーザーの位置情報とは、ユーザーが検索する際に使用する端末の位置情報を指します。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末では、GPSやWi-Fiなどの技術で位置情報を取得できます。パソコンなどのデスクトップ端末であっても、IPアドレスやブラウザの設定などで位置情報を推測できます。

試しに、お手元のパソコンや携帯で「ラーメン」とだけ入力して検索してみましょう。「ラーメン」しか入れていないはずなのに、お近くのラーメン屋が地図とともに検索結果に表示されるのではないでしょうか。

「ラーメン」としか入れていないはずなのに近くのラーメン屋の情報が表示される

試しにサジェストも確認してみると、一番上のサジェストは「ラーメン 近く」と表示されます。全国的に有名なラーメン屋を知りたいのではなく、あくまで今これから行けるラーメン屋を探している人が大多数であることを検索エンジンは把握しているといえます。このように、位置情報によってサジェストの内容が変化することを、地域性と呼びます。

ユーザーの検索履歴

ユーザーの検索履歴とは、ユーザーが過去に検索したキーワードや関連するキーワードのことです。検索履歴は、検索エンジンによって記録され、分析されます。検索履歴は、ユーザーの検索嗜好や検索意図を反映するものであり、サジェストの表示に影響を与える要素です。ユーザーが過去に検索したキーワードや関連するキーワードが、サジェストの候補として表示されることがあります。

例えば、ユーザーが「ラーメン」について検索したことがある場合、次に「ラーメン」と検索したときに、ユーザーが過去に検索したラーメン店やラーメンに関する情報が表示される可能性が高いです。このように、検索履歴によってサジェストの内容が変化することを、パーソナライズと呼びます。

パーソナライズは、ユーザーのニーズに応えるために重要な要素です。ユーザーは、自分の興味や関心に関する情報を求めています。そのため、サジェストは、ユーザーの検索履歴に合わせて、最適な候補を表示するようになっています。

一方で、こうした過剰なパーソナライズにより、自分の知りたい情報ばかりが自動的に集まる「フィルターバブル」という現象が起こってしまうことも頭に入れておいて良いでしょう。
あくまで自分に表示されているものはフィルタリングされた結果であり、他の結果もありうる、ひいては他の考えや見方もありうると考えることは、過度の思い込みを防ぐ一助となります。

2)月間検索ボリュームの影響

検索ボリュームとは?

検索ボリュームは、特定のキーワードが一定期間内にどれだけ検索されたかを示す指標です。高い検索ボリュームを持つキーワードは、一般的に人気があり、多くの人々によって頻繁に検索されます。これらのキーワードは、ユーザーの関心が高いため、サジェスト機能によって優先的に表示される傾向があります。

検索ボリュームがサジェストに与える影響

検索ボリュームが高いキーワードは、サジェスト機能において上位に表示される可能性が高くなります。これは、多くのユーザーが関心を持っているキーワードが、サジェスト機能によって優先的に提案されることを意味します。

これを応用すれば、自社のWebサイトやコンテンツが検索エンジン上でより目立つようになり、結果としてアクセス数の増加や製品・サービスの認知度向上に繋がる可能性があります。

参考記事

3)トレンド性の高いキーワードの影響

トレンドとは?

トレンドとは、ある期間に流行しているものや話題となっているものを指します。トレンド性の高いキーワードは、多くのユーザーが興味を持っているため、サジェストに表示されやすいのです。

例えば、オリンピックやワールドカップといった世界的スポーツイベントが開催されている期間は、大会名や参加チーム、選手名などがトレンド性の高いキーワードとしてサジェストに表示されやすいでしょう。

トレンド性の高いキーワードがサジェストに与える影響

トレンド性の高いキーワードがサジェストに表示されやすいことは、SEO対策においても重要なポイントとなります。トレンド性の高いキーワードは、競合サイトも少ない傾向にあるため、上位表示させやすいというメリットもあります。

これを応用すれば、トレンド性の高いキーワードを活用することで、検索結果の上位に表示され、多くのユーザーにアクセスしてもらうことを目指すことも可能となります。

具体的には、

  • トレンド性の高いキーワードを意識したコンテンツを作成・更新する
  • トレンド性の高いキーワードを盛り込んだ広告を配信する

といった対策が考えられます。

トレンド性の高いキーワードを意識したコンテンツを作成・更新する場合は、以下のようなポイントを押さえましょう。

  • トレンド性の高いキーワードをターゲットに設定する
  • トレンド性の高いキーワードの関連キーワードを探す
  • トレンド性の高いキーワードをコンテンツのタイトルや見出しに盛り込む
  • トレンド性の高いキーワードをコンテンツの本文に自然に盛り込む

もちろん、トレンドと自社製品やサービスが関連していることが前提です。全く無関係なのにオリンピックやワールドカップについての感想などを載せても流入は見込めないでしょう。

また、そもそも権利上の関係で取り上げることが難しいテーマもあります。例として挙げているオリンピックなども、大々的に取り上げることはスポンサーに限られ、それ以外の企業によるアンブッシュマーケティングを行わないよう注意喚起しています。

番外編)Google自身によるサジェスト検閲の可能性

Googleはアルゴリズムを用いてサジェストを自動表示させていますが、中には検閲を行い、表示させるサジェストを意図的に操作している可能性が指摘されています。

Google検索では「emoji」や「employment」といった単語が表示されます。
(中略)
一方で別のブラウザ(筆者注:恐らく「検索エンジン」の誤り)では、クリントン氏のメール流出問題に伴い、「emails」や「emails investigation」といったワードが続くことが確認できます。

プログラマーの目線から見たGoogleの失敗・不可解な取り組み41選 – GIGAZINEより。原文はGoogle Do Evil

SEOライティングに課題を感じていませんか?
SEOライティングは、正しく実施すればビジネスの成長に大きく貢献することができます。
YOSCAでは、10年以上の実績と経験を活かし、AI検索も見越したSEOライティングを真摯にご提案します。

>>SEOライティングのサービスページを見てみる

〈4〉サジェストをSEOに活用する4つの方法

それではいよいよ、サジェストをSEOに活用する実践的方法について見ていきましょう。

サジェストをSEOに活用する方法は、大きく分けて以下の4つです。

  1. サジェストを使ったキーワード選定
  2. サジェストを使ったコンテンツ作成
  3. サジェストを使ったリライト(既存コンテンツの書き直し)
  4. サジェスト汚染への対応

方法1)サジェストを使ったキーワード選定

サジェストからキーワードの候補を抽出する方法には、ツールを利用する方法とGoogle検索の「サジェスト」機能を利用する方法があります。抽出したキーワードの候補に対しては、検索ボリュームや競合状況を調査し、キーワードの関連性や目的を検討することで、最適なキーワードを選ぶことができます。

手順1)サジェストからキーワードの候補を抽出する

サジェストからキーワードの候補を抽出する方法には、以下の2つがあります。

ラッコキーワードやUbersuggestなどのツールを利用する

ラッコキーワードやUbersuggestなどのツールは、サジェストを抽出する専用のツールです。

これらのツールを利用すると、以下のようなメリットがあります。

  • 複数のキーワードに対して一括でサジェストを抽出できる
  • サジェストの検索ボリュームや競合状況を同時に確認できる
  • サジェストの種類やカテゴリーを絞り込んで表示できる

これらのツールの使い方は、基本的に以下のようになります。

  • ツールのサイトにアクセスする
  • サジェストを抽出したいキーワードを入力する
  • サジェストの結果を表示する
  • 必要に応じて絞り込みやソートを行う
  • サジェストの候補を選択する

いわゆるフリーミアムのモデルがほとんどで、無料で使える機能もありますが利用には制限がかかります。使う頻度にもよりますが、ビジネス目的として使うのであれば有料版を使う方をおすすめします。スムーズに、短時間で調査できるメリットは大きいでしょう。

具体的なツールの紹介と使い方は〈5〉で詳しく述べます

Google検索の「サジェスト」機能を利用する

Google検索の「サジェスト」機能を利用すると、Googleが提供するサジェストを直接確認することができます。この方法のメリットは無料かつ手元ですぐ行えることですが、それ以外にも以下のようなものがあります。

  • Googleのサジェストの最新の状況を把握できる
  • サジェストの表示順や数によってキーワードの人気度や重要度を推測できる
  • サジェストの候補に関連する画像やニュースなどの情報を参照できる

Google検索の「サジェスト」機能を利用する方法は、以下の通りです。一回に表示できるサジェストに限りがあるので、可能ではありますが地道で時間のかかる作業になります。

  • Googleの検索ボックスにキーワードを入力する
  • サジェストの候補を確認する
  • 必要に応じてキーワードを追加や削除してサジェストを変化させる
  • サジェストの候補を選択する

手順2)検索ボリュームや競合状況を調査する

サジェストからキーワードの候補を抽出したら、次に検索ボリュームや競合状況を調査することが重要です。検索ボリュームとは、あるキーワードに対して、一定期間内にどれだけの検索が行われたかを表す数値です。競合状況とは、あるキーワードに対して、どれだけのWebサイトが上位表示を狙っているかを表す指標です。

検索ボリュームや競合状況を調査する方法には、以下の2つがあります。

  • Googleキーワードプランナーを利用する
  • 競合サイトのキーワードを分析する
Googleキーワードプランナーを利用する

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供するキーワード選定のためのツールです。このツールを利用すると、以下のようなメリットがあります。

  • サジェストの検索ボリュームや競合状況を正確に把握できる
  • サジェストに関連するキーワードの候補を発見できる
  • サジェストの検索ボリュームや競合状況の推移を確認できる

Googleキーワードプランナーの使い方は、基本的に以下のようになります。

  • Googleアカウントでログインする
  • Google広告のサイトにアクセスする
  • ツールと設定のメニューからキーワードプランナーを選択する
  • 新しいキーワードの検索をクリックする
  • サジェストの候補を入力する
  • キーワードのアイデアを表示する
  • 検索ボリュームや競合状況を確認する
  • 必要に応じて絞り込みやソートを行う
  • キーワードの候補を選択する
競合サイトのキーワードを分析する

自社のWebサイトと同じような商品やサービスを提供しているWebサイトが、どのようなキーワードを使っているかを調べることです。この方法のメリットは、以下のようになります。

  1. サジェストの競合状況を具体的に把握できる
  2. サジェストに対する競合サイトの戦略や強みを知ることができる
  3. サジェストに対する自社の戦略や強みを見直すことができる

競合サイトのキーワードを分析する手順は、以下のようになります。

  • 競合サイトを特定する
  • 競合サイトのキーワードを調査する
  • 競合サイトのキーワードとサジェストの候補を比較する
  • キーワードの候補を選択する

こちらも順に見ていきましょう。

分析手順1)競合サイトを特定する

競合サイトを特定するとは、自社のWebサイトと同じような商品やサービスを提供しているWebサイトを見つけることです。競合サイトを特定する方法には、以下の2つがあります。

  • Google検索で自社の商品やサービスに関連するキーワードを検索し、上位に表示されるWebサイトを確認する
  • ラッコキーワードやUbersuggestなどのツールで自社の商品やサービスに関連するキーワードを入力し、競合サイトのドメインを表示する

競合サイトを特定する際には、以下の点に注意することが重要です。

  • 競合サイトは、自社の商品やサービスと同じカテゴリーやターゲット層を持つWebサイトに限定する
  • 競合サイトは、自社のWebサイトと同じような規模や知名度を持つWebサイトに限定する
  • 競合サイトは、自社のWebサイトと同じようなSEO対策を行っているWebサイトに限定する
分析手順2)競合サイトのキーワードを調査する

競合サイトのキーワードを調査するとは、競合サイトがどのようなキーワードを使っているかを分析することです。競合サイトのキーワードを調査する方法には、以下の2つがあります。

  • 競合サイトのタイトルやメタデータ、コンテンツなどを直接確認する
  • キーワードリサーチャーやKeywordToolなどのツールで競合サイトのキーワードを抽出する

競合サイトのキーワードを調査する際には、以下の点に注意することが重要です。

  • 競合サイトのキーワードは、自社の商品やサービスに関連するキーワードに限定する
  • 競合サイトのキーワードは、サジェストの候補と重複するキーワードに注目する
  • 競合サイトのキーワードは、検索ボリュームや競合状況を確認する
分析手順3)競合サイトのキーワードとサジェストの候補を比較する

競合サイトのキーワードとサジェストの候補を比較するとは、競合サイトが使っているキーワードとサジェストから抽出したキーワードの候補を対比することです。競合サイトのキーワードとサジェストの候補を比較することで、以下のようなメリットがあります。

  • サジェストの候補の中で、競合サイトが使っていないキーワードを見つけることができる
  • サジェストの候補の中で、競合サイトが使っているキーワードの強みや弱みを分析することができる
  • サジェストの候補の中で、自社のWebサイトに適したキーワードを選ぶことができる

競合サイトのキーワードとサジェストの候補を比較する方法は、以下のようになります。

  • 競合サイトのキーワードとサジェストの候補をリストアップする
  • リストの中で、重複するキーワードと重複しないキーワードを分ける
  • 重複するキーワードについては、競合サイトのコンテンツと自社のコンテンツを比較し、差別化のポイントを探す
  • 重複しないキーワードについては、競合サイトが使っていない理由を考え、自社のWebサイトに適用できるかどうかを判断する
分析手順4)キーワードの候補を選択する

競合サイトのキーワードとサジェストの候補を比較したら、次にキーワードの候補を選択することが重要です。キーワードの候補を選択するとは、自社のWebサイトに最適なキーワードを決めることです。キーワードの候補を選択する際には、以下の点に注意することが重要です。

  • キーワードの候補は、自社の商品やサービスに関連性の高いキーワードに限定する
  • キーワードの候補は、検索ボリュームが高く、競合状況が低いキーワードに限定する
  • キーワードの候補は、ユーザーの検索意図や目的に合致するキーワードに限定する

以上が、サジェストを使ったキーワード選定の方法です。サジェストからキーワードの候補を抽出し、検索ボリュームや競合状況を調査し、キーワードの関連性や目的を検討することで、最適なキーワードを選ぶことができます。

方法2)サジェストを使ったコンテンツ作成

サジェストを使ってコンテンツ作成をする際の手順を見ていきましょう。

  1. タイトルや見出しを決める
  2. 構成や内容を考える
  3. 品質や効果を評価する

手順1)タイトルや見出しを決める

コンテンツのタイトルや見出しは、ユーザーが記事を読むかどうかの判断基準になります。そのため、サジェストを参考にして、ユーザーの検索ニーズに応えるようなタイトルや見出しをつけることが重要です。

具体的には、以下のような方法があります。

  • サジェストに表示されるキーワードをそのままタイトルや見出しにする
  • サジェストに表示されるキーワードを組み合わせてタイトルや見出しにする
  • サジェストに表示されるキーワードに疑問文や数字、修飾語などを加えてタイトルや見出しにする

例えば、「サジェスト SEO」というキーワードで検索したときに表示されるサジェストは以下のようになります。

  • サジェスト SEO コンテンツ作成
  • サジェスト SEO 活用
  • サジェスト SEO ツール
  • サジェスト SEO 汚染
  • サジェスト SEO とは

これらのサジェストをもとに、以下のようなタイトルを考えることができます。

  • サジェストを使ってコンテンツ作成をするコツとは?SEO専門家が教える実践的な方法
  • サジェストをSEOに活用してアクセス数を増やす!5つのポイントを解説
  • サジェストを抽出するSEOツールのおすすめはこれだ!効率的にキーワードを抽出する方法
  • サジェスト汚染とは何か?原因と対策をわかりやすく解説
  • サジェストとは?基本から応用まで徹底解説

このように、サジェストを参考にすることで、ユーザーの興味や関心を引くようなタイトルや見出しを作ることができます。

タイトルを作る上ではこちらも参考になるでしょう。

参考記事

手順2)構成や内容を考える

コンテンツの構成や内容は、ユーザーが記事を読み進めるかどうかの判断基準になります。そのため、サジェストを参考にして、ユーザーの検索意図に沿ったような構成や内容を考えることが重要です。

具体的には、以下のような方法があります。

  • サジェストに表示されるキーワードをコンテンツの目次や小見出しにする
  • サジェストに表示されるキーワードをコンテンツのキーポイントや要約にする
  • サジェストに表示されるキーワードをコンテンツの補足情報や参考文献にする

例えば、「サジェスト SEO」というキーワードで検索したときに表示されるサジェストは以下のようになります。

  • サジェスト SEO コンテンツ作成
  • サジェスト SEO 活用
  • サジェスト SEO ツール
  • サジェスト SEO 汚染
  • サジェスト SEO とは

これらのサジェストをもとに、例えば以下のようなコンテンツの構成や内容を考えることができます(見出しは要検討)。

  1. サジェスト SEO コンテンツ作成
    • はじめに:サジェストとは何か、なぜSEOに重要なのかを説明する
    • サジェストを使ってキーワード選定をする方法:サジェストからキーワードの候補を抽出する方法、検索ボリュームや競合状況を調査する方法、キーワードの関連性や目的を検討する方法を紹介する
    • サジェストを使ってコンテンツ作成をする方法:サジェストを使ってコンテンツのタイトルや見出しを決める方法、サジェストを使ってコンテンツの構成や内容を考える方法、サジェストを使ってコンテンツの品質や効果を評価する方法を紹介する
    • おわりに:サジェストを活用してSEOに強いコンテンツを作ることのメリットをまとめる
  2. サジェスト SEO 活用
    • はじめに:サジェストとは何か、どのようにSEOに活用できるのかを説明する
    • サジェストを活用するメリット:サジェストを活用することで、ユーザーの検索ニーズや検索意図を把握できること、検索エンジンの評価を高めること、コンテンツの品質や効果を向上させることを紹介する
    • サジェストを活用するポイント:サジェストを活用する際に注意すべきことや、効果的な方法を紹介する
    • おわりに:サジェストを活用してSEOを強化することの重要性をまとめる

記事構成を作る上ではこちらも参考にしてください。

参考記事

手順3)品質や効果を評価する

コンテンツを作成した後は、サジェストを使ってコンテンツの品質や効果を評価することも重要です。サジェストは、検索エンジンがユーザーに提供する情報の一つですから、サジェストとコンテンツの一致度が高いほど、SEOに有利になると考えられます。

具体的には、以下のような方法があります。

  • サジェストに表示されるキーワードについて言及しているか、致命的な見落としがないかを確認する
  • メタディスクリプションなどのメタデータを作成する際の参考にする

例えば、「サジェスト SEO」というキーワードで検索したときに表示されるサジェストは以下のようになります。

  • サジェスト SEO コンテンツ作成
  • サジェスト SEO 活用
  • サジェスト SEO ツール
  • サジェスト SEO 汚染
  • サジェスト SEO とは

これらのサジェストをもとに、以下のようなコンテンツの品質や効果を評価することができます。

  • タイトルや見出しに「サジェスト SEO コンテンツ作成」や「サジェスト SEO 活用」などの話題に言及することで、ユーザーの検索ニーズに応えることができる
  • メタデータに「サジェスト SEO とは」などのキーワードを反映させることで、コンテンツの内容を明確に伝えることができる

方法3)サジェストを使ったリライト(既存コンテンツの書き直し)

リライトとは、既存の記事をより良いものに改善することです。リライトの目的は、ユーザーにとって価値のある情報を提供し、検索エンジンに高く評価されることです。リライトを行う際には、サジェストを活用することが効果的です。

サジェストをリライトに活用する方法は、大きく分けて2つあります。

  • サジェストからユーザーの検索意図を把握する
  • サジェストをもとにコンテンツを改善する

それぞれの方法について、具体的に見ていきましょう。

リライトへの活用方法1)サジェストからユーザーの検索意図を把握する

ここまで何度も述べてきた通り、リライトする記事のキーワードに対してサジェストを調べることで、ユーザーの検索意図を把握することができます。検索意図には、ユーザーの置かれている段階によって「情報収集」「比較検討」「アクション」などと分類できます。

  • 情報収集:ユーザーはあるトピックに関する情報を知りたいと思っている。
  • 比較検討:ユーザーは複数の選択肢の中から最適なものを選びたいと思っている。
  • アクション:ユーザーは何かを購入したり、予約したり、登録したりするなどの行動を起こしたいと思っている。
参考記事

サジェストに表示されるキーワードの意味を理解することで、ユーザーの検索意図を推測することができます。例えば、「サジェスト SEO」というキーワードに対して、サジェストに表示されるキーワードの意味を分析してみましょう。

  • サジェスト SEO とは
  • サジェスト SEO 活用
  • サジェスト SEO 対策
  • サジェスト SEO リライト
  • サジェスト SEO ツール

これらのキーワードから、ユーザーは「サジェストとSEOの関係性や活用方法について知りたい」という情報収集型の検索意図を持っていると推測できます。また、サジェストには「対策」「リライト」「ツール」という具体的な方法や手段に関するキーワードが含まれていることから、ユーザーは「サジェストをSEOにどのように活用すればよいか」という問題を解決したいと思っていると推測できます。

例えば、「サジェスト SEO」というキーワードに対して、サジェストに表示されるキーワードの順番や関連性を分析してみましょう。

  • サジェスト SEO とは
  • サジェスト SEO 活用
  • サジェスト SEO 対策
  • サジェスト SEO リライト
  • サジェスト SEO ツール

これらのキーワードから、ユーザーは「サジェスト SEO」というキーワードの基本的な定義や概要を最も知りたいと思っていると推測できます。また、「活用」「対策」「リライト」「ツール」というキーワードは、「サジェスト SEO」というキーワードに関連する方法や手段を表しています。これらのキーワードの関連性を分析することで、ユーザーは「サジェスト SEO」について、実践的な知識やスキルを身につけたいと思っていると推測できます。

リライトへの活用方法2)サジェストをもとにコンテンツを改善する

サジェストからユーザーの検索意図を把握したら、次にサジェストをもとにコンテンツを改善することができます。コンテンツを改善する方法は、以下のようなものがあります。

  • 不足している情報を補充する
  • わかりにくい表現を改善する
  • ユーザーの疑問や要望に答える
コンテンツ改善1)不足している情報を補充する

サジェストに表示されるキーワードを参考にして、リライトする記事に不足している情報を補充することができます。不足している情報とは、ユーザーが知りたいと思っている情報や、記事の内容を補完する情報のことです。不足している情報を補充することで、記事の価値や信頼性を高めることができます。

例えば、「サジェスト SEO」というキーワードに対して、サジェストに表示されるキーワードを参考にして、リライトする記事に不足している情報を補充することを考えてみましょう。

  • サジェスト SEO とは
  • サジェスト SEO 活用
  • サジェスト SEO 対策
  • サジェスト SEO リライト
  • サジェスト SEO ツール

これらのキーワードから、リライトする記事には以下のような情報が不足していると推測できます。

  • サジェスト SEO とは
    • サジェストとSEOの関係性や仕組みについての詳しい説明
    • サジェストの種類や特徴についての分類や例示
    • サジェストの表示に影響する要素についての解説や図解
  • サジェスト SEO 活用
    • サジェストを活用することで得られるメリットや効果についてのデータや事例
    • サジェストを活用する際に注意すべきポイントや落とし穴についてのアドバイスや警告
    • サジェストを活用するための具体的な手順やノウハウについてのチェックリストやテンプレート
  • サジェスト SEO 対策
    • サジェスト SEO 対策とは何か、なぜ必要なのかについての定義や背景
    • サジェスト SEO 対策を行うことで期待できる効果や目標についての目安や指標
    • サジェスト SEO 対策を行うための方法やツールについての紹介や比較
  • サジェスト SEO リライト
    • サジェスト SEO リライトとは何か、どのような場合に行うのかについての概要や目的
    • サジェスト SEO リライトを行うことで得られるメリットや効果についてのデータや事例
    • サジェスト SEO リライトを行うための方法やツールについての紹介や比較
  • サジェスト SEO ツール
    • サジェスト SEO ツールとは何か、どのような機能や特徴があるのかについての説明や図解
    • サジェスト SEO ツールを使うことで得られるメリットや効果についてのデータや事例
    • サジェスト SEO ツールのおすすめや選び方についてのランキングや評価

これらの情報をリライトする記事に補充することで、ユーザーにとって価値のある情報を提供することができます。

コンテンツ改善2)わかりにくい表現を改善する

サジェストに表示されるキーワードを参考にして、リライトする記事にわかりにくい表現を改善することができます。わかりにくい表現とは、ユーザーが理解しにくい言葉や文法、構造などのことです。わかりにくい表現を改善することで、記事の読みやすさや伝わりやすさを高めることができます。

例えば、「サジェスト SEO」というキーワードに対して、サジェストに表示されるキーワードを参考にして、リライトする記事にわかりにくい表現を改善することを考えてみましょう。

  • サジェスト SEO とは
  • サジェスト SEO 活用
  • サジェスト SEO 対策
  • サジェスト SEO リライト
  • サジェスト SEO ツール

これらのキーワードから、リライトする記事には以下のような表現がわかりにくいと推測できます。

  • サジェスト SEO とは
    • 「サジェストとは、検索エンジンがユーザーの入力したキーワードに対して、関連するキーワードを自動的に表示する機能のことです。
      • 「自動的に表示する機能」という表現は、サジェストの仕組みやメカニズムを説明していないので、わかりにくいと感じるユーザーがいるかもしれません。
      • 改善案:「サジェストとは、検索エンジンがユーザーの入力したキーワードに対して、検索ボリュームや位置情報、検索履歴、トレンドなどの要素をもとに、関連するキーワードを検索窓の下に表示する機能のことです。」
  • サジェスト SEO 活用
    • 「サジェストを活用することで、ユーザーの検索ニーズや検索意図を把握し、SEOに有効なキーワードやコンテンツを作成することができます。」
      • 「SEOに有効なキーワードやコンテンツ」という表現は、具体的にどのような基準や条件で判断するのかが不明確なので、わかりにくいと感じるユーザーがいるかもしれません。
      • 改善案:「サジェストを活用することで、ユーザーの検索ニーズや検索意図を把握し、検索エンジンが評価するキーワードやコンテンツを作成することができます。検索エンジンが評価するキーワードやコンテンツとは、ユーザーの問題を解決する内容であり、検索ボリュームが高く、競合が少なく、関連性が高いものです。」
  • サジェスト SEO 対策
    • 「サジェスト SEO 対策とは、サジェストに表示されるキーワードを分析し、自社のWebサイトに適用することで、検索エンジンの評価を高めることを目的としたSEOの手法のことです。」
      • 「自社のWebサイトに適用すること」という表現は、具体的にどのように適用するのかが明示されていないので、わかりにくいと感じるユーザーがいるかもしれません。
      • 改善案:「サジェスト SEO 対策とは、サジェストに表示されるキーワードを分析し、自社のWebサイトのタイトルや見出し、文中、メタデータなどに反映させることで、検索エンジンの評価を高めることを目的としたSEOの手法のことです。」
  • サジェスト SEO リライト
    • 「サジェスト SEO リライトとは、既存の記事をサジェストに基づいて改善することで、検索エンジンの評価を高めることを目的としたリライトのことです。」
      • 「改善すること」という表現は、具体的にどのように改善するのかが明示されていないので、わかりにくいと感じるユーザーがいるかもしれません。
      • 改善案:「サジェスト SEO リライトとは、既存の記事にサジェストに表示されるキーワードを適切に分散させたり、不足している情報を補充したり、わかりにくい表現を改善したりすることで、検索エンジンの評価を高めることを目的としたリライトのことです。」
  • サジェスト SEO ツール
    • 「サジェスト SEO ツールとは、サジェストに表示されるキーワードを自動的に抽出したり、分析したり、活用したりすることができるツールのことです。」
      • 「自動的に抽出したり、分析したり、活用したりすることができる」という表現は、具体的にどのような機能や特徴があるのかが明示されていないので、わかりにくいと感じるユーザーがいるかもしれません。
      • 改善案:「サジェスト SEO ツールとは、サジェストに表示されるキーワードを一括で抽出したり、検索ボリュームや競合状況などのデータを表示したり、キーワード選定やコンテンツ作成の支援をしたりすることができるツールのことです。」

これらの表現を改善することで、記事の読みやすさや伝わりやすさを高めることができます。

ちなみに、文章表現についてはこちらも参考になるでしょう。

参考記事
コンテンツ改善3)ユーザーの疑問や要望に答える

サジェストに表示されるキーワードを参考にして、リライトする記事にユーザーの疑問や要望に答えることができます。ユーザーの疑問や要望とは、ユーザーが記事を読んでいるときに感じる疑問点や知りたいこと、行動したいことなどのことです。ユーザーの疑問や要望に答えることで、記事の満足度や信頼度を高めることができます。

例えば、「サジェスト SEO」というキーワードに対して、サジェストに表示されるキーワードを参考にして、リライトする記事にユーザーの疑問や要望に答えることを考えてみましょう。


ここまで、サジェストを用いたリライトの方法について見てきました。リライトについては以下の記事にもまとめているので参考にしてください。

参考記事

方法4)サジェスト汚染への対応

サジェストをSEOに活用するには、サジェスト汚染という問題にも対処する必要があります。サジェスト汚染とは何か、どのような原因と対策があるのか、詳しく見ていきましょう。

参考記事

サジェスト汚染とは何か

サジェスト汚染とは、検索エンジンがユーザーが入力したキーワードに対して自動的に表示するサジェスト(提案)の結果が、不適切な、偽情報や差別的な内容を含む場合に起こる現象です。

例えば、会社の名前「株式会社◯◯」を検索した際に「株式会社◯◯ ブラック」「株式会社◯◯ やばい」などという形で予測変換のワードが表示されたらどうでしょうか。その会社に「ブラック企業」というネガティブなイメージがついてしまい、企業活動に多大な影響を及ぼします。

他の例として、ネガティブな表現や競合他社の商標が含まれるキーワードが表示されることがあります。これは、自社の商品やサービスに対する信頼や評価を低下させるだけでなく、競合他社に流れる可能性もあります。

例えば「◯◯シャンプー」と検索した際に「◯◯シャンプー 効果なし」「◯◯シャンプー 髪が抜ける」「◯◯シャンプー ××シャンプー」というようなサジェストが表示されると、ユーザーはその商品に対して不安や疑問を抱きかねません。また、「××シャンプー」は競合他社の商品名である場合もあります。

サジェスト汚染を確認する方法

サジェストは、検索ユーザーの検索履歴や位置情報などによって変化します。つまり、サジェスト汚染が発生しているとしても、それは一部のユーザーにしか表示されない可能性があります。

そのため、自社のサジェストが汚染されているかどうかを確認する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 検索エンジンの種類(GoogleやYahoo! JAPANなど)によってサジェストの仕組みが異なる(※)
  • 検索エンジンの設定(パーソナライズド検索の有無など)によってサジェストが変わる
  • 検索エンジンのバージョン(PC版やスマホ版など)によってサジェストが変わる
  • 検索エンジンの拠点(国や地域など)によってサジェストが変わる

※ご存知の通りYahoo! JAPANはGoogleの検索エンジンを使用していますが、表示されるサジェストは異なります。

これらの要素を考慮して、自社のサジェストが汚染されている範囲や程度を把握しましょう。

サジェスト汚染の原因と対策

サジェスト汚染が発生する原因としては、主に以下の2点が挙げられます。

  • ユーザーが対象ワードと一緒にネガティブなワードを頻繁に検索している
  • 対象キーワードとネガティブなワードに関連するWebサイトが存在する

これらの原因に対して、どのような対策ができるのでしょうか?

サジェスト汚染対策1)自社サイトのコンテンツを充実させる

サジェスト汚染の対策として、自社サイトのコンテンツを充実させることが挙げられます。これは、サジェストに影響を与える検索ボリュームや関連性を高めることで、ネガティブなワードを上書きする効果が期待できるからです。

具体的には、以下のような方法があります。

  • 自社の商品やサービスに関する正しい情報やメリットを伝えるコンテンツを作成する
  • 自社のブランドや商品に関する口コミや評判を集めるコンテンツを作成する
  • 自社のキーワードとポジティブなワードを組み合わせたコンテンツを作成する
  • 自社のキーワードとトレンド性の高いワードを組み合わせたコンテンツを作成する

これらのコンテンツを作成する際には、サジェストを活用することも効果的です。サジェストからユーザーの検索意図やニーズを把握し、それに応えるようなコンテンツを提供することで、ユーザーの満足度や信頼度を高めることができます。

また、サジェストから自社のキーワードと関連性の高いワードを見つけることで、コンテンツの幅や深さを広げることができます。例えば、「◯◯シャンプー」のサジェストに「◯◯シャンプー 使い方」「◯◯シャンプー 口コミ」「◯◯シャンプー おすすめ」というワードが表示される場合、それらのワードをタイトルや見出しに使ってコンテンツを作成することで、ユーザーの興味や関心を引くことができます。

サジェストを活用してコンテンツを充実させることで、サジェスト汚染に対抗するだけでなく、SEOの効果も高めることができます。サジェストは、検索エンジンがユーザーに提供する重要な情報源です。その情報源を自分の味方につけることで、自社のブランドや商品の価値を高めることができます。

サジェスト汚染2)検索エンジンのアルゴリズム改善が進められている

こちらは我々にはどうしようもできないので、検索エンジンの運営側に願うほかないですが(^_^;)

サジェスト汚染は、検索エンジンの運営側がアルゴリズムの改善とモデレーションの強化に取り組むことで、解決されることがあります。

例えば、Googleでは、不適切なサジェストを削除するために、以下のような対策を行っています。

  • ユーザーからの削除申請を受け付ける
  • 人工知能や機械学習を活用して、不適切なコンテンツを自動的に識別し排除する。
  • 中立性や多様性を重視したアルゴリズムの調整を行う。

これらの対策によって、サジェスト汚染が自然に解消されることがあります。しかし、これらの対策は他力本願である上、完全ではないのが実情です。

〈5〉サジェストの抽出ツールとその使い方 

サジェストの抽出ツールとは、検索エンジンのサジェスト機能を利用して、関連するキーワードを自動的に抽出するツールのことです。サジェストの抽出ツールを使うと、キーワード選定やコンテンツ作成に役立ちます。

サジェストの抽出ツールには、無料のものと有料のものがあります。無料のツールは、基本的な機能を提供してくれますが、有料のツールは、より高度な機能や分析を行えます。また、サジェストの抽出ツールには、国内のものと海外のものがあります。国内のツールは、日本のGoogleやYahoo!などのサジェストを抽出できますが、海外のツールは、他の国のサジェストも抽出できます。

サジェストの抽出ツールの種類と特徴 サジェストの抽出ツールには、様々な種類と特徴があります。ここでは、代表的な4つのツールを紹介します。

ツール1)ラッコキーワード

ラッコキーワード(サジェストの抽出ツール)

ラッコキーワードは、国産のサジェスト抽出ツールです。 GoogleやYahoo!などのサジェストを一括で抽出できます。 また、検索ボリュームや競合度などのデータも表示してくれます。 サジェストの抽出ツールの中でも、使いやすく人気の高いツールです。

ラッコキーワードの特徴

  • サジェストの抽出が高速で正確
  • 検索エンジンやデバイス、地域などの絞り込みが可能
  • 検索ボリュームや競合度、クリック率などのSEOに役立つデータが見やすく表示
  • サジェストの分析や比較ができる機能が充実
  • サジェストのデータをCSVやExcelでダウンロードできる

ラッコキーワードのメリット

  • サジェストからユーザーの検索ニーズや関心を把握できる
  • サジェストから有望なキーワードを発見できる
  • サジェストからコンテンツのアイデアを得られる
  • サジェストから競合サイトの戦略を分析できる
  • サジェストからSEOの効果測定や改善ができる

ラッコキーワードの使い方

  • ラッコキーワードのサイトにアクセスする
  • 検索窓にキーワードを入力する
  • 検索エンジンやデバイス、地域などのオプションを選択する
  • 検索ボタンをクリックする
  • サジェストの一覧とデータが表示される
  • 必要に応じて分析や比較、ダウンロードなどの操作を行う

ラッコキーワードの【無料】機能

  • サジェストキーワードの抽出
  • 関連ワードの抽出
  • 周辺語・連想語の抽出
  • 関連する疑問の抽出
  • ニュースや話題の記事の抽出
  • 競合サイトの見出し抽出
  • データのダウンロード

ラッコキーワードの【有料】機能

  • AIによる記事タイトルや見出しの提案
  • 月間検索数の取得
  • サジェストプラス(複数の検索エンジンやデバイスからのサジェストキーワードの取得)
  • 競合サイトの獲得キーワード調査
  • 共起語の抽出
  • 関連ハッシュタグの抽出
  • Googleトレンドの表示
  • Yahoo!知恵袋や教えて!gooの抽出

当社でも有料版を契約しており、このブログを執筆する際にも大いに役立てています。決してラッコキーワードと何の利害関係もないですが、「サジェスト」についてこれだけ網羅的に書けたのはこのラッコキーワードのおかげですm(_ _)m

ツール2)Ubersuggest

Ubersuggest(サジェストの抽出ツール)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)は、海外のサジェスト抽出ツールです。Googleのサジェストを国ごとに抽出できます。また、検索ボリュームやSEO難易度などのデータも表示してくれます。サジェストの抽出ツールの中でも、機能が豊富で高性能なツールです。

海外のツールですが、上記にある画像の通り日本語にも対応しています。Chromeの拡張機能もあるのがありがたいですね。下記のキャプチャで右側に表示されているのが拡張機能によるもので、回数制限はありますが無料で使えます。

UbersuggestのChrome拡張機能の使用画面

Ubersuggestの使い方

Ubersuggestの使い方はとても簡単です。まず、Ubersuggestのサイトにアクセスし、検索窓に調べたいキーワードを入力します。次に、国や言語を選択し、検索ボタンをクリックすれば、以下のような情報が得られます。

  • 検索ボリューム:月間のキーワード検索回数
  • SEO難易度:キーワードの競合度を示す指標
  • CPC(Cost Per Click):クリックあたりの広告費用
  • ページ数:キーワードに関連するページの数
  • サジェストキーワード:キーワードに関連するサジェストの一覧

Ubersuggestの活用方法

これらの情報をもとに、キーワードの選定やコンテンツ作成に役立てることができます。例えば、以下のような活用方法が考えられます。

  • 検索ボリュームが高く、SEO難易度が低いキーワードを優先的に選ぶ
  • CPCが高いキーワードを選ぶことで、広告収入を増やす
  • ページ数が少ないキーワードを選ぶことで、ニッチな需要に応える
  • サジェストキーワードを参考にして、関連するキーワードを含める

Ubersuggestの【無料】機能

  • サジェストキーワードの抽出
  • 検索ボリュームの取得
  • SEO難易度の取得
  • CPCの取得
  • ページ数の取得
  • 関連ワードの抽出
  • ニュースや話題の記事の抽出
  • データのダウンロード

Ubersuggestの【有料】機能

  • サイト監査
  • ランキング追跡
  • SEOの機会
  • 被リンクデータ
  • コンテンツアイデア
  • AIによる記事タイトルや見出しの提案
  • 競合サイトの獲得キーワード調査
  • Googleトレンドの表示
  • Yahoo!知恵袋や教えて!gooの抽出

Ubersuggestは、サジェストの抽出ツールの中でも機能が豊富で高性能なツールです。当社でもラッコキーワードと併用して使っています。一部は無料で利用できますし、有料版は月額課金のほか、今どき珍しい買い切りでの販売も行っています。

ツール3)KeywordTool

KeywordTool(サジェストの抽出ツール)

KeywordToolは、海外のサジェスト抽出ツールです。GoogleやYouTubeなどのサジェストを国ごとに抽出できます。また、検索ボリュームやCPCなどのデータも表示してくれます。

KeywordToolの特徴

  • 200以上の国と言語に対応しており、グローバルなマーケティングに役立ちます。
  • GoogleやYouTubeだけでなく、AmazonやInstagramなどのサジェストも抽出できます。
  • 検索ボリュームやCPC、競合度などのデータを一覧で確認できます。
  • サジェストキーワードをフィルタリングやソート、CSVエクスポートなどで簡単に整理できます。
  • サジェストキーワードの分析や比較をグラフで視覚的に表示できます。

KeywordToolの使い方

  • KeywordToolの公式サイトにアクセスします。
  • 左上のドロップダウンメニューから、サジェストを抽出したいサービスを選択します。
  • 右上のドロップダウンメニューから、サジェストを抽出したい国と言語を選択します。
  • 検索ボックスに、サジェストを抽出したいキーワードを入力します。
  • 検索ボタンをクリックすると、サジェストキーワードの一覧が表示されます。
  • 右側のパネルから、検索ボリュームやCPC、競合度などのデータを確認できます。
  • 左側のパネルから、サジェストキーワードをフィルタリングやソート、CSVエクスポートなどで整理できます。
  • 上部のタブから、サジェストキーワードの分析や比較をグラフで視覚的に表示できます。

KeywordToolの【無料】機能

  • サジェストキーワードの抽出
  • 関連ワードの抽出
  • ニュースや話題の記事の抽出
  • データのダウンロード

KeywordToolの【有料】機能

  • 検索ボリュームの取得
  • CPCの取得
  • 競合度の取得
  • サジェストキーワードの分析
  • サジェストキーワードの比較
  • サジェストキーワードのグラフ表示
  • AmazonやInstagramなどのサジェストの抽出

ツール4)KOUHO.jp

KOUHO.jp(サジェストの抽出ツール)

※この記事を書いている2024/02/01現在、Googleサジェストを抽出できないようです。致命的ですね……。

KOUHO.jpは、国産の無料サジェスト抽出ツールです。GoogleやYahoo!だけでなく、Amazonや楽天などのECサイトのサジェストも抽出できます。また、サジェストの抽出はクラウド上で行えるので、PCのスペックや容量に依存しません。

以下は「Webライティング」と入力してみた時のキャプチャです。Googleサジェストが抽出できなかったため、Bingサジェストを試しました。このように、サジェストを一覧にしてあいうえお順で表示してくれます。文脈を無視して一覧で表示するだけなので情報過多な印象もありますが、機能がシンプルな分、導入としては使いやすいかもしれません。

KOUHO.jpで「Webライティング」と入力した使用画面

〈おまけ〉よくある質問 

ここでは、サジェストに関してよく寄せられる質問を3つ取り上げます。既にここまで述べてきた中で回答しているものが大半ですが、改めて整理しておきましょう。

Q1)サジェスト汚染は削除できる? 

サジェスト汚染とは、サジェストに表示されるキーワードが、自社や商品・サービスにとってマイナスのイメージを与えるものであることを指します。例えば、「○○ 詐欺」や「○○ クレーム」などです。サジェスト汚染は、ユーザーの購買意欲を減らしたり、信頼性を損なったりする可能性があります。

サジェスト汚染は削除できるのでしょうか?答えは、可能ですが、簡単ではありません。サジェスト汚染の削除方法は、主に以下の4つがあります。

  • GoogleやYahoo!にフォームからサジェスト削除申請を送る
  • 要因と想定されるコンテンツ作成者に連絡し削除依頼をする
  • 弁護士に相談し削除対応を依頼する
  • サジェスト汚染の対策業者に依頼する

しかし、これらの方法は、時間や費用がかかったり、効果が保証されなかったりするデメリットがあります。サジェスト汚染は、発生する前に防ぐことが最善の策です。そのためには、自社の評判管理や口コミ対策を徹底することが必要です。

Q2)サジェストはどのように更新される? 

サジェストは、検索エンジンがユーザーの検索履歴やトレンドなどをもとに、リアルタイムに更新される仕組みです。しかし、サジェストの更新頻度は、検索エンジンによって異なります。

公式に発表されているわけではないですが、複数のブログ(※)を参照したところ、Googleサジェストは月に2回更新(15日周期)が定期的に行われます。また、トレンド性の高いキーワードは、即時反映されることもあります。検索結果の下に表示されるGoogle関連キーワードは、平均すると半年に1回程度、変動します。(※Google関連キーワード表示の仕組みと削除 | SmartGlassなど参照 )

Yahoo!サジェストの更新は、大小2つの更新から成り立っています。小さい更新は、ほぼ毎日起こっています。サジェストの並び順が変わったり、一部のキーワードのみが入れ替わるようなイメージです。大きな更新は、1週間に1回程度で起こります。サジェストのキーワードが全て変わることは稀です。

サジェストの更新は、検索エンジンのアルゴリズムによって決まります。そのため、予測することは難しいです。しかし、サジェストの変化に注目することで、ユーザーのニーズやトレンドを把握することができます。

Q3)サジェストはどのように活用すればよい? 

サジェストは、SEOにおいて有効なツールです。サジェストを活用することで、以下のメリットが得られます。

  • ユーザーの検索意図を把握できる
  • ユーザーニーズの高いキーワードを選定できる
  • コンテンツの質や関連性を高められる
  • リライト時のニーズ把握に役立つ

サジェストを活用する方法は、主に以下の3つです。

  • サジェストを使ったキーワード選定
  • サジェストを使ってコンテンツ作成をする際のコツ
  • リライト時のニーズ把握にサジェストを利用

これらの方法については、本記事の「〈4〉サジェストをSEOに活用する実践的方法」で詳しく解説しています。

終わりに―統計的に導かれた検索意図の先に―

検索意図を把握する――この記事を書いていて、何度も出てきた言葉です。これは、我々のようにWeb上で発信する、検索流入を狙う人間として、避けては通れないテーマであるといえます。

サジェストのようなデータに頼りすぎてはオリジナリティが出せないのではないか、SEOを狙った記事がどれも均質化してしまうのではないか、そんな思いもないわけではありません。しかし、こうしてサジェストに関する記事を書いてみて、またサジェストについてまとめてみて思うのは、統計的に導かれた検索意図を活用することもまた、ユーザーの期待に真摯に応える有効な手段だということです。

一時期、全くの無から自分の発想だけで記事を構成しようと奮闘していた時期もありましたが、膨大な時間がかかる割に、出てくるのは自分の狭い視野から出てくる偏ったアイデアばかり。早々に限界を感じ、今もこうしてサジェストなどのデータを元に記事を書いています。使えるものは使いつつ、E-E-A-T(経験、専門性、権威性、信頼性)の観点から自分の頭や経験から生まれる発想も大事にして記事にする。それが検索して情報を探し求めるユーザーにとっての最適解だと感じています。

この記事が、サジェストについて知りたいと思った方、引いてはSEOやWebコンテンツ制作に取り組んでいる方にとって少しでも役立てられれば幸いです。

SEOライティングに課題を感じていませんか?
SEOライティングは、正しく実施すればビジネスの成長に大きく貢献することができます。
YOSCAでは、10年以上の実績と経験を活かし、AI検索も見越したSEOライティングを真摯にご提案します。

>>SEOライティングのサービスページを見てみる

The following two tabs change content below.
阿部道浩
慶應義塾大学文学部卒業。大学在学中に社員2名のスタートアップにインターンとして参画、SEO・Webコンテンツ制作・ECサイト運営などを任される。そのまま新卒として入社するも、1年半後に当社を代表の宮嵜と創業。法人営業に加え、ライター・編集スタッフの採用・マネジメントを行い、大手広告代理店をはじめとする上場企業から行政まで数多くの記事制作を引き受ける。ライター志望者・Web担当者向けの講座「あなたのライターキャリア講座」立ち上げにはプロジェクトマネージャーおよび講師として携わり、2020年の開講から3年あまりで500名以上の受講生を獲得している。