BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. SEOライティング
  4. 【過去の遺物】ブラックハットSEOを懐かしむ―ホワイトハットへの転換方法も紹介―
ブラックハットSEOを懐かしむ―ホワイトハットへの転換方法も紹介―

【過去の遺物】ブラックハットSEOを懐かしむ―ホワイトハットへの転換方法も紹介―

最終更新日:2024年4月3日)

ブラックハットSEOは、検索エンジンのガイドラインに反する手法を用いてウェブサイトの検索ランキングを不正に操作する試みのことを指します。これらの手法は、一時的には検索結果の上位表示を実現するかもしれませんが、ウェブサイトの信頼性を大きく損ね、最終的には検索エンジンからペナルティを受ける可能性が高まります

ブラックハットSEOの手法には、キーワードスタッフィングやクローキング、隠しテキスト、不正なリンク構築などがあります。これらの手法は、ユーザーにとっての価値を何も生み出さず、ウェブの質を下げるもの、つまり百害あって一利なしです。「ブラックハットSEO」という言葉そのものが死語となりつつありますが正しい進歩だと思います。

この記事は、

  • ブラックハットSEOという言葉を先輩から聞いたけれどどういうものか知ってみたい好奇心旺盛な人
  • ブラックハットSEOを昔はやっていたけど懐かしいからちょっと見てみたいと思った人
  • 万が一……ブラックハットSEOをやってみようとやり方を調べていた人

向けに書いています。また、最後のやってみようという人には思いとどまってもらえるよう、真っ当なSEO(ホワイトハットSEO)についても紹介しています。

本来ならブラックハットSEOの手法を学ぶ必要はありませんし、どこまでがギリギリのラインかを探るような考え方も無意味です。私達にとって第一にすべきはユーザーであるという基本原則を大事にしつつ、過去の遺物としてブラックハットの手法を葬り去る旅に出ましょう。

◉本記事の著者
阿部道浩
株式会社YOSCA取締役。多くのライター志望者・企業のWeb担当者から支持を集める「あなたのライターキャリア講座」の開発・運営のほか、記事を作成・更新する全てのウェブ担当者・ライターに向けて「YOSCAブログ」での情報発信を行っている。 ▶X(Twitter)
株式会社YOSCAへSEOコンテンツの制作についてお問い合わせ

目次

ブラックハットSEOとは?

ブラックハットSEOに対する一般的な誤解

冒頭で述べた通り、ブラックハットSEOは、検索エンジンのガイドラインに反する手法を用いて、ウェブサイトの検索ランキングを不正に操作しようとする試みです。しかし、このアプローチには多くの誤解があります。

誤解1: 短期的な効果が長期的な成功につながる

多くのウェブマスターは、ブラックハットSEOが短期間で結果をもたらすと考えがちです。確かに、キーワードの過剰な使用や不自然なリンク構築などの手法は、一時的に検索ランキングを向上させることが稀にあるかもしれません。しかし、検索エンジンは常にアルゴリズムを更新し、不正な手法を見抜く能力を高めています。その結果、短期的な利益はすぐにペナルティによって打ち消され、サイトの信頼性とランキングは長期的に損なわれます。

誤解2: ブラックハットSEOは容易に隠蔽可能

ブラックハットSEOを行う者は、しばしばその手法を検索エンジンから隠すことができると過信しています。しかし、隠しテキストやクローキングなどの技術は、今日の高度な検索エンジンによって容易に検出されます。これらの行為が発覚した場合、ウェブサイトは検索結果から除外されるか、大幅にランキングが下がる可能性があります。

誤解3: ペナルティ回避の「安全な」ブラックハット手法が存在する

一部のSEO専門家は、「安全な」ブラックハット手法が存在し、ペナルティのリスクを回避しながら利益を得ることができると主張します。しかし、このような主張は根拠がなく、リスクを完全に排除することは不可能です。検索エンジンは進化し続けており、不正な手法を使ったサイトは最終的には罰せられる運命にあります。


Googleを含む検索エンジンがコアアップデートを繰り返し行っているのは、このようなブラックハットSEOを排除し、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することを目的としています。現代の検索エンジンは高度に進化しており、不正な手法を用いたとしても、長期的に見ればその努力は無駄に終わります。いずれコアアップデートによってサイトがランキングから除外されるリスクを常に抱えながら運営を続けるよりも、健全な方法でウェブを充実させ、その満足感をもって運営することの方が、より価値があるでしょう。

参考記事

ブラックハットSEOの代償:ペナルティと信頼の喪失

Googleによるペナルティ事例

Googleは、ユーザーに最も関連性の高い情報を提供するため、検索結果の品質を維持することを重視しています。そのため、Googleのガイドラインに違反するSEO手法、いわゆるブラックハットSEOを使用するウェブサイトには厳しいペナルティが課されます。

ペンギンアップデートとは何か?:不自然なリンクに対するGoogleの対策

2012年に導入されたペンギンアップデートは、不自然なリンク構築を行うウェブサイトを標的にしました。これにより、質の低いリンクファームや過剰な相互リンク、購入リンクなどがペナルティの対象となり、多くのウェブサイトがランキングを大幅に落としました。

パンダアップデートとその影響:低品質コンテンツの排除

パンダアップデートは、低品質なコンテンツや薄い(少ない情報量の)コンテンツ、ユーザーにとって価値のないコンテンツを持つウェブサイトを対象にしています。このアップデートにより、コンテンツの質が検索ランキングに大きな影響を与えるようになりました。

参考記事

ペナルティ受けたウェブサイトの共通点:警告の前兆と回避策

ペナルティを受けたウェブサイトには共通点があります。それは、短期的なランキング向上を目的とした過剰なSEO手法の使用です。これらの手法は、一時的には効果があるかもしれませんが、長期的にはウェブサイトの信頼性を損ない、Googleからのペナルティを受けるリスクがあります。

ペナルティからの回復プロセス:Googleへの再考リクエスト方法

ペナルティを受けた場合、Google Search Consoleを通じて問題を修正し、再考リクエストを送信することで、ペナルティの解除を求めることができます。しかし、これは時間がかかるプロセスであり、ウェブサイトの信頼性を取り戻すには、正しいSEO戦略への転換が必要です。

ブラックハットSEOの具体的手法とその影響

さて、以下ではブラックハットSEOの手法をいくつか紹介していきましょう。

繰り返しになりますが絶対に真似しないでください。真似したところで何も得られるものはありません。あくまで、過去にこのようなあくどい手法があったのか……と参考にするものです。ここは悪の歴史を観覧できる博物館だとでも思ってください。

【ブラックハットSEOの手法1】キーワードスタッフィング

キーワードスタッフィングの定義と目的

キーワードスタッフィングは、関連性のないキーワードを不自然に多用し、検索エンジンを欺こうとします。例えば、

キーワードスタッフィングとは関連性のないキーワードを不自然に多用することです。キーワードスタッフィングは検索エンジンを欺こうとします。キーワードスタッフィングは不正行為なのです。」

といったように、どう考えても不自然な頻度や用法で狙ったキーワードを文中に入れ込んで文章にするといったことを行っていました。コンテンツ以外にも

  • alt属性: 画像の代替テキストとしてキーワードを多用します。
  • title属性: 要素のタイトルにキーワードを多用します。
  • noscript: JavaScriptが無効の場合に表示される内容にキーワードを多用します。
  • 隠しテキスト: テキストの色を背景と同じにして見えなくしたり、CSSで画面外に配置するなどしてキーワードを埋め込みます。

などもありました。隠しテキストなんて今では笑っちゃいますが、昔は大真面目に実施されていたのでしょう。

適切なキーワード密度と自然なコンテンツ作成法

適切なキーワード密度は、一般的にコンテンツの全体の1〜2%とされています。ただ、実際には数値で測れるようなものではありません。重要なのは、読者に価値を提供し、彼らの検索意図に応える自然なコンテンツを作成することです。これにより、Googleのガイドラインに従いながら、サイトの信頼性とランキングを向上させることができます。

【ブラックハットSEOの手法2】不正なリンク構築

中古ドメイン、サテライトサイト、ワードサラダ……今や懐かしリンクスパム

ご存知の通り、Googleはページ同士のリンク関係からページの重み付けを行い検索結果を表示させることで支持を得ました。そこで、このリンク関係を人為的に作ろうというズルを働くブラックハットが現れました。

リンクのためには元のサイトとコンテンツが必要です。この元のサイトのドメインにも多くのリンクが張られていると自然なリンク構築ができます。そのため、有名ドメインからリンクが張られていながら打ち捨てられた中古ドメインを収集し、新たにサイトとして構築してコンテンツを入れ、そこからリンクを貼るというスパムが横行しました。コンテンツならまだしも、ただ言葉が無作為に並ぶワードサラダとして構築されたサイトもあったようです。また、自治体などがよくサイトの一部を広告枠として販売していることがあります。あれもいわばリンクを購入する行為であり、不正と見られる恐れがあるでしょう。

これはかれこれ10年以上前の話です。Googleをはじめとする検索エンジンはこの程度の不正も見破ることができませんでした。ただ、それから急速に性能を高め、今やこのようなあからさまな不正リンクを貼ろうという人はいないと思います。

Googleの不正リンク対策とペンギンアップデート

先述した通り、Googleは不正なリンク構築を検出し、それに対抗するためにペンギンアップデートを導入しました。このアップデートは、不自然なリンクパターンを持つウェブサイトを特定し、検索結果からそのランキングを下げることを目的としています。
ペナルティを受けた場合、Googleに再考リクエストを送信し、不正なリンクを削除または否認することで回復プロセスを開始する必要があります。しかし、このプロセスは時間がかかり、元のランキングを取り戻す保証はありません。

自然なリンク獲得戦略とベストプラクティス

持続可能なSEO戦略の核心は、自然なリンク獲得にあります。高品質なコンテンツを作成し、ユーザーに価値を提供することで、他のウェブサイトやユーザーが自然にリンクを張りたくなるような環境を整えることが重要です。ゲストブログ投稿、業界関連のイベントへの参加、ソーシャルメディアでの活動などを通じて、自然なリンクを促進することが推奨されます。

【ブラックハットSEOの手法3】隠しテキストとクローキング

隠しテキストとクローキングの手法と例

隠しテキストとは、ウェブサイトの背景と同じ色のテキストを使用したり、非常に小さなフォントサイズを使ったりして、ユーザーには見えないが検索エンジンには認識されるテキストのことです。クローキングは、検索エンジンにはコンテンツを一つ、実際の訪問者には異なるコンテンツを表示する技術です。
クローキングはユーザーにとって混乱を招き、信頼を損なう行為です。ユーザーが求めている情報とは異なるコンテンツが表示されるため、ユーザー体験が著しく低下します。これは、サイトの評判を損ね、訪問者の離脱率を高める結果につながります。


さて、ブラックハットSEOについてはこの辺で良いでしょう。

何度も述べている通り、ブラックハットSEOは百害あって一利なしです。ここからは真っ当な努力が実を結ぶ、ホワイトハットSEOについてご紹介しましょう。

ホワイトハットSEOへの転換―持続可能な戦略を構築するために

ホワイトハットSEOへの転換は、持続可能なウェブサイト運営と成長戦略を構築する上で重要なプロセスです。このアプローチは、Googleや他の検索エンジンのガイドラインに従い、ユーザーに実際の価値を提供することを中心に据えます。ホワイトハットSEOの実践は、短期的な成果を求めるブラックハットSEOの手法とは根本的に異なり、長期的な視野でウェブサイトの健全性と信頼性を高めることを目指します

「検索して良かった」を提供する―ホワイトハットSEOの基礎

ホワイトハットSEOの基礎にあるのは、

  1. ユーザー中心のコンテンツ作成
  2. ウェブサイト最適化

の二点です。

この手法の重要性は、検索エンジンによるペナルティのリスクを避け、サイトの長期的な信頼性と可視性を確保することにあります。適切に実施されたホワイトハットSEOは、検索ランキングの改善、トラフィックの増加、そして最終的にはコンバージョン率の向上につながります。

重要なのはコンバージョンにつながる、つまりユーザーを動かすという点です。Webで検索して良かったと思える体験を提供することがSEOの真髄であり、コンテンツ作成やウェブサイト最適化はそのための手段といえます。

ホワイトハットSEOに必要な手立てはいくつもあり、ここで全て詳細に説明することは到底叶いません。以下では代表的なものとして3つ、

  1. コンテンツマーケティングにおける信頼と権威の構築
  2. コンテンツのプロモーションとリンク獲得
  3. サイト内部の最適化

をご紹介していきます。

なお、このYOSCAブログでは正しい努力でユーザーにも検索エンジンにも優しいサイト運営方法をご紹介しています。他の記事もぜひご覧ください。
(参考)YOSCAブログ SEOカテゴリー

【ホワイトハットSEOの手段1】コンテンツマーケティングにおける信頼と権威の構築

コンテンツマーケティングは、企業やブランドが自らの信頼性と権威性を築く上で欠かせない手法です。これは、専門知識を示し、読者や潜在顧客に価値を提供することにより、サイトの検索エンジンランキングを向上させる戦略に他なりません。では、どのようにして高品質なコンテンツを通じて信頼と権威を築いていくのでしょうか。

高品質コンテンツの重要性

コンテンツの品質が、読者への価値提供とサイトの検索エンジン評価の向上の鍵を握ります。高品質コンテンツとは、

  • 情報の正確性と信頼性:読者が信頼できる情報と確かな出典に基づいていることが不可欠です。疑問を持つ読者に対して、確かなデータと事実を提供することで、信頼を築くことができます。
  • 関連性のある話題:読者の関心事や時事問題に即した内容を提供することで、彼らの好奇心を刺激し、関与を促します。
  • 読みやすさ:適切な段落分け、小見出し、箇条書きなどを使用して、情報を整理し、読み手が内容を理解しやすい形式を心掛けることが重要です。

といった特徴を持ちます。

ユーザーの検索意図に基づくコンテンツ作成

コンテンツを作成する際、ユーザーが何を求めているのか、そのニーズにどのように応えられるかを深く理解することが求められます。これには、単にキーワードリサーチを行うだけではなく、その背後にある検索意図を探る洞察が必要です。例えば、特定の問題を解決するための具体的な解答を提供したり、特定のトピックに関する詳細かつ包括的なガイドを提供することが挙げられます。

  • ユーザーの問題や質問に答える:読者が持つ疑問や問題に対して具体的かつ有用な解答を提供します。これにより、読者のニーズに直接応えることができます。
  • 詳細かつ包括的なコンテンツ:トピックに関する包括的な情報を提供し、読者が他のソースを探す必要がないようにします。これにより、コンテンツの価値を高めることができます。
  • ユーザー体験を考慮する:テキストだけでなく、ビジュアルコンテンツ(画像、ビデオ、インフォグラフィック)を使用して情報を補完し、ユーザー体験を向上させます。

E-E-A-Tの要素(専門性、権威性、信頼性)を強化する方法

E-A-Tは、Googleがコンテンツの品質を評価する際に重視する要素です。専門家によるレビューや引用、資格や経験を明示することで、これらの要素を強化できます。
これについては別途まとめましたのでご覧ください。

参考記事

【ホワイトハットSEOの手段2】コンテンツのプロモーションとリンク獲得

コンテンツのプロモーションとリンク獲得は、SEO戦略の中心的な部分を占めます。このプロセスは、ウェブサイトやそのコンテンツの可視性を高め、検索エンジン結果ページ(SERP)でのランキングを向上させることを目的としています。効果的なプロモーションとリンク獲得戦略を展開するには、ソーシャルメディア、フォーラム、業界関連サイトでの共有、ゲストポスティング、および相互リンクのエチケットを適切に実施することが重要です。

なお、相互リンクについてはこちらでまとめました。

参考記事

ソーシャルメディア、フォーラム、業界関連サイトでの共有

ソーシャルメディア、フォーラム、業界関連サイトは、ターゲットオーディエンスと直接関わることができる貴重なプラットフォームです。これらのプラットフォームを活用することで、コンテンツのリーチを拡大し、関連性のあるオーディエンスにアプローチすることが可能になります。コンテンツを共有する際は、受け手の興味やニーズに合わせて、情報をカスタマイズすることが効果的です。また、ディスカッションを促進し、読者とのエンゲージメントを高めるために、質問を投げかけたり、フィードバックを求めたりすることも有効です。

私もほとんどSNSは使っていないのですが、記事を書いたらXには投稿しています。

また、社内のChatWorkや、当社で運営しているライタースクール「あなたのライターキャリア講座」の受講生向けSlackなどでも投稿しています。

ゲストポスティングと相互リンクのエチケット

ゲストポスティングは、他のウェブサイトに価値あるコンテンツを提供することで、新しいオーディエンスにアクセスし、自社サイトへのリンクを獲得する手法です。この戦略は、ブランド認知度の向上とドメイン権威の強化に寄与します。ゲストポスティングを行う際には、品質と関連性の高いコンテンツを提供することが重要です。相互リンクに関しては、自然で価値のある方法でリンクを交換することが求められます。スパムと見なされるリスクを避けるため、不自然なリンクの大量作成や質の低いサイトとのリンクは避けるべきです。

【ホワイトハットSEOの手段3】サイト内部の最適化

サイト内部の最適化(SEO内部対策)は、検索エンジンのアルゴリズムがどのように進化しても、常に有効なアプローチとされています。その中心にあるのが、ユーザー体験(UX)の最適化です。Googleは、ユーザーにとって価値のある、使いやすいウェブサイトを高く評価します。UXの最適化には、

  1. サイト速度の改善
  2. モバイルフレンドリーなデザイン
  3. ユーザーエンゲージメントとコンバージョン率の向上

など、多方面にわたる取り組みが含まれます。

サイト速度の改善

ウェブサイトの読み込み速度は、ユーザーの満足度に直接影響します。速度が遅いと、訪問者はすぐに離脱してしまう可能性があります。Google PageSpeed Insightsなどのツールを使用して、サイトの速度を測定し、改善点を見つけましょう。画像の最適化、キャッシュの活用、不要なJavaScriptの削除などが効果的です。

モバイルフレンドリーなデザイン

モバイルデバイスからのアクセスは増加の一途をたどっています。レスポンシブデザインを採用し、スマートフォンやタブレットからの訪問者にも快適な閲覧体験を提供しましょう。Googleはモバイルファーストインデックスを導入しており、モバイルでのパフォーマンスが検索ランキングに影響します。

ユーザーエンゲージメントとコンバージョン率の向上

ウェブサイトの目的は、訪問者を顧客に変えることです。以下の方法でエンゲージメントとコンバージョン率を高めましょう。

CTA(Call To Action)の配置とメッセージの最適化

CTAはユーザーに次のアクションを促す重要な要素です。CTAの文言は明確で、ユーザーが何をすべきかを直感的に理解できるようにしましょう。また、CTAの位置も重要で、ユーザーの自然な視線の流れに沿った場所に配置することが効果的です。

当ブログでも以下のように入れています(お問い合わせお待ちしています!)。

株式会社YOSCAへSEOコンテンツの制作についてお問い合わせ

ユーザーフィードバックとサイト改善への応用

ユーザーからのフィードバックは、サイト改善のための貴重な情報源です。アンケートやレビューを通じて意見を集め、それをサイトの改善に活かしましょう。特に、ユーザビリティの問題点や新たなニーズに対応することで、サイトの価値を高めることができます。

UXの最適化により、検索エンジンに良い信号を送ることができ、結果として検索ランキングの向上に繋がります。また、ユーザーがサイトで過ごす時間の増加やコンバージョン率の向上など、ビジネス成果に直接的な影響を与えることができます。ユーザー中心のSEO戦略は、単に検索エンジンを意識するのではなく、最終的には訪問者の満足度を高めることに焦点を当てるべきです。訪問者が快適にサイトを利用し、必要な情報を容易に見つけられるようにすることが、検索エンジンの評価を高める最良の方法です。

参考記事

終わりに―SEOの進化とユーザー中心のウェブ戦略への転換―

この記事を通じて、ブラックハットSEOの過去の手法とその長期的なリスクについて探求しました。

かつては、短期的な成果を求めるブラックハットSEOが一部で実践されていましたが、検索エンジンの進化と共にその効果は失われ、多くのウェブサイトがペナルティの重荷を背負うこととなりました。

今日、Googleをはじめとする検索エンジンは、ユーザー体験を最優先する方向へと進化しています。これは、ウェブサイト運営者にとっても、一時的な手法に頼るのではなく、長期的な視野でユーザーに価値を提供する戦略を取ることが求められていることを意味します。つまり、ホワイトハットSEOの実践は、ただのガイドライン遵守を超え、ウェブサイトの持続可能な成長とユーザー満足度の向上に直結するのです。

過去を振り返ることは、同じ過ちを繰り返さないために重要です。ブラックハットSEOの時代は、ウェブの歴史の中で警鐘を鳴らす一章に過ぎません。今後は、ユーザー中心のコンテンツ作成、ウェブサイトの技術的最適化、そして倫理的なリンク獲得戦略を通じて、より質の高いウェブの未来を築いていくことが私たちの使命です。

「検索して良かった」とユーザーに感じてもらえるようなコンテンツを提供し、ウェブサイトを訪れたすべての人に価値ある体験を提供すること。これが、真のSEO対策の目標であり、ブラックハットからホワイトハットへの転換を通じて得られる最大の教訓です。

未来への一歩は、過去の遺物を葬り去り、ユーザーにとっての価値創造に注力することから始まります。

The following two tabs change content below.
阿部道浩
新潟県三条市出身。2011年に都内の私立大学を卒業後、在学中からインターンとして参画していたモバイルサイト運営会社に就職。Webコンテンツの制作・編集業務に携わった後、2012年に記事作成を専門とする株式会社YOSCAを代表の宮嵜と二人で立ち上げる。編集業務のほか、法人営業、マーケティング、編集およびライターのマネジメントを経て、現在は「あなたのライターキャリア講座」の開発・運営を主に行っている。趣味は読書で、世界の古典文学から経営書まで年間100冊前後読む。
目次